きゃらきゃらマキアート夫は誰?名前は中山洋一郎?

きゃらきゃらマキアート2021年12月13日、講談社が少女漫画雑誌「なかよし」で連載していた「はらぺこペンギンカフェ」「とむとじぇりー ナナイロ」の連載終了を公式サイト上で発表して話題となっています。

発表によると、2作品の共同著作者「きゃらきゃらマキアート」の原作担当者が、小学生女児に対する強制わいせつ等の公訴事実で、有罪判決が確定したためだといいます。

一体、きゃらきゃらマキアートの原作担当者(著者)は誰なのでしょうか?
名前は中山洋一郎氏でしょうか?

そこで、「きゃらきゃらマキアート著者は誰?名前は中山洋一郎?」と題して記事にまとめていきます。

 

きゃらきゃらマキアート著者は誰?

「はらぺこペンギンカフェ」は2019年3月号から連載を開始していた作品です。

食いしん坊なパティシェのペンギンを描いた作品で、20年11月には単行本化しています。

「とむとじぇりー ナナイロ」はカートゥーンアニメ「トムとジェリー」のスピンオフ作品として2021年8月号から連載を開始していました。

2作品の著者は「きゃらきゃらマキアート」。

著者のプロフィールについて、講談社コミックプラス公式サイト「はらぺこペンギンカフェ」のページでは「京都出身、在住の漫画家兼イラストレーター」と紹介されています。

J-CASTニュースの報道によると、「きゃらきゃらマキアート」は個人ではなく、原作、イラストと複数の担当者がいる「共同著作者」であると説明しています。

 

強制わいせつ等で逮捕・起訴

発表によると、この「きゃらきゃらマキアート」のうち、主に原作を担当していた著者が、20年春から夏にかけて起こした強制わいせつ等の事案で逮捕・起訴されているということ。

20年11月25日には小学生女児に対する強制わいせつ等の公訴事実で懲役 3 年執行猶予5年(付保護観察)の有罪判決を受け、被告人本人は控訴せず判決が確定したとしていまsじゅ。

 

きゃらきゃらマキアート著者の名前は中山洋一郎?

きゃらきゃらマキアートについて調べてみると、夫婦でイラスト事務所を経営しているようです。

その夫が、中山洋一郎氏です。

過去には地元の京都新聞にLINEスタンプのクリエイターとして取り上げられていました。

当時の事務所の作業スペースはわずか4.5畳といいますが、初月で約1600万円を売り上げたスタンプを作り出したといいます。

「関西弁にゃんこスタンプ」が制作したスタンプだったようです。

関西弁を40個に絞り、その後奥さんが3日でイラストに仕上げたというもの。

コンセプトは「スタンプだけで会話が続く」で、ヒットした理由についてきゃらきゃらマキアートの中山洋一郎氏は、「方言のイメージが世の中全体で良くなってきているから」と話しています。

関連記事

「きゃらきゃらマキアート」の原作担当者が、小学生女児に対する強制わ※せつ等の事件で逮捕されて、有罪判決が確定したと話題となっています。その原作担当者について調べてみると中山洋一郎氏であることがわかりました。一体、中山洋一郎氏[…]

中山洋一郎 強制わいせつ 逮捕 顔画像 経歴

 

まとめ

「きゃらきゃらマキアート夫は誰?名前は中山洋一郎?」と題して記事にまとめてきました。

2021年12月13日、講談社が少女漫画雑誌「なかよし」で連載していた「はらぺこペンギンカフェ」「とむとじぇりー ナナイロ」の連載終了を公式サイト上で発表して話題となっています。

発表によると、2作品の共同著作者「きゃらきゃらマキアート」の原作担当者が、小学生女児に対する強制わいせつ等の公訴事実で、有罪判決が確定したためだといいます。

きゃらきゃらマキアートについて調べてみると夫婦でイラスト事務所を経営しているということがわかりました。
そして、夫は誰なのか調べたところ、名前は中山洋一郎氏というようです。

以上が、きゃらきゃらマキアートの夫に関する記事になります。

参考になれば幸いです。