共通テストカンニング犯人は誰?あまねで特定?

2022年1月15日に実施された共通テストで、「世界史B」の問題が試験中に外部に流出するという事件が起きました。

問題を流出させた犯人は「高校2年生」を自称しており、家庭教師紹介サイトで知り合った東大生に問題を解かせたとのことです。

警視庁はすでに偽計業務妨害の疑いで捜査を始めています。

そしてこれは倫理的にも許されないことです。

いったいカンニングを行った犯人は誰なのでしょうか。

ネットの情報ではあまねという人物が特定されていますが本当でしょうか。

今回は「共通テストカンニング犯人は誰?あまねで特定?」と題して記事をまとめていきます。

 

共通テストカンニング犯人は誰?

共通テストをカンニングした犯人について、まだ捜査の段階であり逮捕者などは出ていないため、犯人が誰かは不明です。

捜査関係者の情報によると、15日の試験時間中に家庭教師サイトの東大生にスカイプで試験問題の画像が送られてきたということです。

問題を解いた東大生はカンニングについて把握していませんでしたが、その後送られた問題が共通テストのものであると気がつき文科省に連絡しました。

問題を解いた東大生が処分されることはないでしょうが、問題を流出させた犯人が試験業務を妨害したと見なされた場合は偽計業務妨害として処分されることでしょう。

2011年には京都大学で携帯電話を使った同様のカンニング事件が起きていますが、このときの犯人は悪質性が低いとして最終的に裁判所では不処分となっています。

今回の事件が悪質性の高いものかはわかりませんが、犯人には罪を認めきちんと反省してほしいですね。

こちらは新しい情報が入り次第更新します。

 

共通テストカンニング犯人はあまねで特定?

この共通テストカンニングの犯人として、あまねという人物の名前が浮上しています。

情報の出所はこちらです。

家庭教師紹介サイトの東大生のツイートなのですが、やりとりをしている犯人と思われるアカウントの名前があまねとなっていますね。

しかし、これはSNSのアカウント名であるため本名ではないと推測されます。

アイコンは小嶋陽菜さんの画像で、本人のものではありません。

また、家庭教師紹介サイトの東大生の別のツイートでは

犯人であるあまねの手と思われる画像が写っています。

映り込んだ指先から女性なのではないかと推測されます。

問題を解いた東大生のこのアカウントは現在鍵付きになっていることや、該当ツイートが捜査関係者の捜査情報と一致することから、この情報は信憑生が高いものであると思われます。

あまねは「高校2年生」を自称していますが、共通試験を受けているため高校3年生かそれ以上だと考えられます。

もし18歳か19歳であれば少年法改正前のため実名報道されることはないでしょうが、あまねには罪を認めてきちんと反省してほしいと思います。

そして、この事件をきっかけに入学試験の仕組みや制度の問題について考え直すことが必要かもしれません。

例えば、入試大国の中国や韓国ではカンニングが毎年と言っていいほど起きていて、映画になるほどの社会問題となっています。

スマートフォンだけで乗り越えられる一発勝負の試験ではなく、より包括的な思考力などを試す試験に移行する必要があるのかもしれませんね。

 

犯人とみられる少女が香川県警に出頭

1月27日、共通テストでカンニングをしたとみられる犯人が、香川県警に出頭したことがわかりました。

出頭したのは19歳の少女です。

少女は「私がやりました」と話しているといいます。

警視庁は、偽名を名乗っていた可能性が高いとみていで、解答を返信した複数の大学生らから任意で事情を聞き、スカイプの記録や画像を確認していました。

画像は、スマートフォンなどの電子機器で撮影されたものとみられています。

出頭した少女については未成年と言うこともあり、名前や実名が公開される可能性は低いと思われます。

ただ、報道から考えられるのは、香川県に住んでいる受験生で、19歳という年齢を考えると浪人しているということです。

今後リーク情報などもあるかもしれないので、新しい情報が入り次第掲載いたします。

 

犯人の19歳少女は大阪の女子大学生

その後の報道で、共通テストでカンニングをした犯人は大阪府内在住の女子大学生であることがわかりました。

少女はスマートフォンを上着の袖に隠して一人で撮影をしたと話しています。

共犯者はいないようです。

現在大学生ということは、別の大学に編入をするために共通テストを受けていたということです。

「成績があがらずに魔が差してしまった」と反省しているといいますが、他の受験生も条件は同じであり、受験生や関係者は憤っています。

なぜ大阪府内の大学生が香川県警に出頭したのかも気になりますが、「お母さんと相談して警察に連絡をすることにしました」と供述していることから、香川県の実家で母親と直接話すために帰省して、地元の香川県警に出頭したと考えられます。

大阪在住ということで、大阪府内の大学に通っていたと考えられます。

一般的に大学を編入するということはより偏差値が高かったりやりたいことが受けたい大学で実現できるためと推測されます。

 

 

犯人の女子大学生には共犯者がいた

2022年2月10日、当初「1人でやった」と述べていた大阪府の女子大学生(19)が任意の調べに対して「手伝ってくれた人がいる」と供述したと報じられました。

報道によると、画像を送る中継役だったのは20歳代の会社員の男です。

警視庁はこの男を特定し、女子大学生と男の2人を偽計業務妨害容疑で書類送検しました。

犯人である女子大学生は当初の任意聴取に「私が1人でやりました。上着の袖にスマートフォンを隠して問題を動画で撮影し、静止画にして自席から送った」と説明していましたが、その後の調べで一変。

「本当は1人でやっていない」と供述を変えたといいます。

試験会場で問題用紙を動画で撮影して会社員の男とインターネット上で共有し、静止画に切り取ってもらった上で家庭教師紹介サイトで知り合った東京大の学生らに送ってもらっていたと明かしたというのです。

共犯者については下記の記事をご確認ください。

関連記事

2022年1月15日の大学入学共通テストで、スマホを使って問題内容を流出したとして大阪府の女子大生(19)が報道され話題となりました。カンニングの手口は、上着の袖にスマホを隠して、問題を撮影したとされています。問題画像を家庭[…]

共通テスト カンニング 共犯 中継役 誰 名前 顔画像

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「共通テストカンニング犯人は誰?あまねで特定?」と題して記事をまとめました。

共通テストカンニングの犯人は誰かについては、現在犯人は捕まっておらず捜査中であるため不明でした。

また、あまねという人物に関して調べたところ、情報の信憑生が高くカンニングをした本人であると特定できると思います。

しかし、これはSNSのアカウントであるため本名はわかりませんでした。

ただ、その後の報道で犯人は大阪府内に住む19歳の女子大学生の少女だとわかりました。

1月27日、19歳の少女は香川県警に出頭、自分がカンニングをしたことを認める供述もしています。