黒須陽一郎の現在|wiki経歴と顔画像+年齢

AERAが掲載した、過去のドラフト会議での入団拒否騒動に関する記事が話題となっています。

中でも注目されたのが、立教大学からヤクルトに指名をされたにも関わらず入団をしなかった黒須陽一郎氏です。

一体どのような人物で、現在は何をしているのでしょうか。

報道の概要

AERAは以下のように報じています。

一度はプロ入りに心が揺れながら、指名後に一転入団拒否したのが、89年のヤクルト3位・黒須陽一郎(立大)だ。

ベストナイン3度受賞の強打者で、89年秋に主将として立大の23年ぶりVに貢献した黒須は、野球部のない日本興業銀行への就職を内定させ、プロには行かないとみられていた。

 だが、最後まで進路に悩んでいた黒須は、ドラフト直前、立大の先輩にあたるヤクルト・片岡宏雄スカウト部長に相談し、「どうしても野球が捨てられない」と指名してくれるよう頼んだ。

当初ヤクルトは黒須を獲得する予定はなかったが、後輩の頼みとあって、片岡部長は渋る野村克也監督を説得し、1位・西村龍次、2位・古田敦也の次の3位で指名した。

 指名直後、黒須は「ヤクルトは長嶋(一茂)先輩もいますし、希望の球団です。前向きに考えたい」と語り、スポーツ紙もライバルの巨人1位・大森剛(慶大)、ロッテ1位・小宮山悟(早大)とともに、プロでの活躍を期待する論調で報じた。

ところが、間もなく黒須は再び興銀入社へと心変わりし、ヤクルトも12月14日、ついに獲得を断念。面目を失った片岡部長は「これからは野球のことは一切語るな」と釘を刺したという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/dc2bd3a5bad42c349bdc0ee9bb1296edfa26b158?page=2

上記のように、黒須氏は日本興業銀行への就職が内定し、プロに進まないとみられていました。

しかし、野球への想いが捨てられなくなり大学の先輩であるヤクルトの片岡宏雄スカウト部長に相談したといいます。

その結果、ヤクルトが3位で指名しますが、やはり興銀に入社をしたといいます。

その一件からか、ヤクルトは今でも立教大学の選手を指名していないというのです。

 

ネットの反応

国民
黒須氏には黒須氏の言い分があるのだろうが、起きたことだけを追えば、やったことは人としてどうなのと言われても仕方がない。
国民
本人はそれでいいかもしれんが先輩であるスカウト部長や後輩に迷惑が掛かるとは思わなかったのか?
国民
親が猛反対だったと聞いたおぼえがあるけど。それにしても常識に欠ける行為かと。
国民

今に至るまでヤクルトが立大から指名しないとか、相当根深いということでしょうね…。

国民

個人の自由ってのは他人に迷惑かけていいとか何してもいいってのとは全然違うからな。

国民

これ、当時は「拒否してたのにヤクルトが強行指名した」という話になってたんだよね。本人が心変わりしたというのはずいぶん後になって判明した。

出典:ヤフーニュース

黒須陽一郎の現在|wiki経歴と顔画像+年齢

黒須陽一郎はどのような経歴で、今は何をしているのでしょうか。
調べてみると、以下のような情報を確認できました。

1990/3 立教大学 社会学部卒
1990/4 日本興業銀行入行
2003/4 プルデンシャル生命保険入社
2007/4 経営コンサルティングOFFICE I&S 設立(代表)
2009/4 相続財務コンサルティング設立(代表)

https://web.archive.org/web/20101006000742/http://souzoku-zaimu.cocolog-nifty.com/about.html
—————————-

黒須 陽一郎は日本の野球選手(外野手)、会社員。
2014年現在は東光電気工事株式会社に勤務。

https://ja.wikipedia.org/wiki/黒須陽一郎

出典:http://pastport.jp/user/sheltem2/timeline/%E6%9D%B1%E5%85%89%E9%9B%BB%E6%B0%97%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E3%81%AE%E5%B9%B4%E8%A1%A8/event/k6rzsCmsFXa

上記のように、立教大学を卒業後は日本興業銀行に入行し、その後は外資系生保のプルデンシャル生命保険に入社。

現在は、東光電気工事株式会社に勤務して執行役員を務めているという情報があります。

生年月日は1967年5月1日なので、2021年現在は54歳ということになります。

顔画像を確認したところ、過去のものですが以下のようなツイートが確認できました。

 

 

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref