小坂流加の高校は暁秀?偏差値は低いのかも徹底調査!

女優の小松菜奈さんと俳優の坂口健太郎さんが主演を務める「余命10年」という映画が2022年3月4日に公開されました。

この映画は、肺動脈性肺高血圧症という難病を20歳で患った女性が同窓会で出会った和人とひかれあい恋に落ちていく内容です。

難病である原発性肺高血圧症を患い、同様に10年の余命を生きた小坂流加さんの人生が元となっています。

原作の作者である小坂流加さんは「余命10年」の文庫版の編集が終わった後に患っていた難病が悪化し、2017年2月にお亡くなりになりました。

静岡県で生まれた小坂流加さんは小さいころから小説を書くことにはまっていたそうです。

難病を発病した大学卒業後にも小説を書き続け、文芸社に今回の「余命10年」を自費出版で持ち込んだことが今回の映画化につながりました。

このことからかなり努力家で小説を書くことがどれだけ好きだったかが伝わってきますね。

そんな小坂流加さんですが、どのような学生生活を送ってきたのでしょうか?

出身高校は静岡県の暁秀高校だと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

暁秀高校の偏差値など、どのような高校なのかも気になりますね。

そこで今回は「小坂流加の高校は暁秀?偏差値は低いのかも徹底調査!」と題して小坂流加さんについてまとめてみました。

 

小坂流加の高校は暁秀?

小説を書くことが大好きだった小坂流加さんですが、どの高校に通っていたのでしょうか?

静岡県出身なので静岡県内の高校だということは想像できますね。

静岡県の暁秀高校という噂がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

そこでインターネットで小坂流加さんの高校について調べてみました。

どうやら小坂流加さんの出身校は加藤学園暁秀中学校・高等学校のようです。

加藤学園暁秀中学校・高等学校の公式Twitterで小坂流加さんが卒業生であることが紹介されていました。

暁秀高校は1947年に沼津女子商業学校併設中学校として開校し、1983年に現在の住所に移転して現在の加藤学園暁秀中学校・高等学校になりました。

静岡県の沼津市にある私立の中高一貫校で、文部科学省からスーパーイングリッシュランゲージハイスクールに認定されている学校です。

バイリンガルコースでは国語以外の授業を英語で行っているほど英語に力を入れています。

ということは、小坂流加さんも英語が流ちょうだったのでしょうか?

中高一貫校に入学しているということは勉強もきっと頑張っていたのでしょうね。

 

小坂流加の高校の偏差値は低い?

英語に力を入れている加藤学園暁秀中学校・高等学校ですが、学力はどのくらいなのでしょうか?

英語に力を入れているということですので生徒たちの頭がいいイメージがありますね。

私立の中高一貫校ということなので、中学受験のために小学生のころから塾に通って勉強していた人がいることを考えると学力が高そうです。

そこでインターネットで加藤学園暁秀中学校・高等学校について学力や偏差値について調べてみました。

インターネットの情報によると、加藤学園暁秀中学校・高等学校
の偏差値は58~62でした。

通常のコースからは東京大学の合格者を11年連続輩出し、バイリンガルコースでは世界でも有名なハーバード大学、イェール大学、ロンドン大学などの世界ランクの高い大学への輩出実績もあります。

公式ホームページで発表されている2019年の進学実績を見てみると、有名私立大学や医科歯科大学などに合格者がいました。

頭のいい進学校ですね。

このような高校で勉強していたのですから、小坂流加さんもかなり頭がよかったのではないのでしょうか?

勉強に力を入れている高校ですから小説を書く環境も整ってそうですよね。

小坂流加さんの病気についてはこちらの記事をご確認下さい。

関連記事

女優の小松菜奈さんと俳優の坂口健太郎さんが主演を務める「余命10年」が2022年3月4日に公開されました。この映画は、肺動脈性肺高血圧症という難病を20歳で患った女性の茉莉が同窓会で偶然出会った男性の和人と恋に落ちていく内容となって[…]

小坂流加 病気 難病 死因 原発性肺高血圧症

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「小坂流加の高校は暁秀?偏差値は低いのかも徹底調査!」と題して小坂流加さんについてまとめてみました。

女優の小松菜奈さんと俳優の坂口健太郎さんが主演を務める「余命10年」が2022年3月4日に公開されています。

原作者である小坂流加さんは原発性肺高血圧症という難病患っていました。

発病した大学卒業後にも小説を書き続け、「余命10年」を自費出版で持ち込んだことが今回の映画化につながりました。

そんな小坂流加さんですが、静岡県の加藤学園暁秀中学校・高等学校出身です。

学校の公式Twitterでも今回の映画について言及されていたので、学校側としては誇らしかったのではないでしょうか?

そんな加藤学園暁秀中学校・高等学校ですが、偏差値は58~62ということで進学校ということが分かりました。

英語に力を入れている学校で、毎年海外の大学に進学する生徒がいます。

そんな高校で学んでいた小坂流加さんですからきっと勉強も頑張っていたのでしょう。

すでに映画は公開されていますので、興味のある方はぜひ映画館に足を運んでみてください。