神戸市水道局パワハラ職員は誰?名前と顔画像特定は?

神戸市水道局の職員によるパワハラ行為が報じられて注目されています。

懲戒処分を受けたのは、パワハラ行為をしたという男性職員3人と、管理監督をする立場にある上司です。

この3人は2021年4月以降、身体障害や難病がある50代の職員の口調をまねしていたずらをしたり、暴言を吐いたことがわかっています。

また、鍋に入ったくずきりを首に落とし、男性職員にやけどを負わせる行為もしています。

女性に対するセクハラの言動もあったというからあきれ果てます。

一体、神戸市水道局でパワハラをした職員は誰で、名前や顔画像は特定されているのでしょうか。

この記事では、「神戸市水道局パワハラ職員は誰?名前と顔画像特定は?」と題して記事を作成しました。

 

神戸市水道局パワハラ職員は誰?

今回懲戒処分の対象となった、神戸市水道局パワハラ職員は誰なのでしょうか。

報道を確認すると、パワハラを行ったのは水道局に勤務する40~50代の男性職員3人です。

指定難病で障害者手帳を持つ同僚の50代男性職員に「はげ」「(病気で)どうせ死ぬんやから」と暴言を吐いたり、熱いくずきりを首筋に落とす暴行をしたりしたと第三者委員会が認めたということです。

このような犯罪行為ともいえるパワハラを行ったのが、40~50代ということなので衝撃的ですよね。

SNS上でも、「40-50年生きて出来上がったのがこれとか、産んだ親も産まれた子どもも悲惨」「パワハラで訴えたら大金取れる」など、批判の声が高まっています。

 

神戸市水道局パワハラ職員の名前は?

それでは、パワハラをしていた神戸市水道局の職員の名前は判明しているのでしょうか。

こちらで各メディアを確認したところ、パワハラをした職員の名前は公開されていません。

今のところ明らかになっているのは神戸市が懲戒処分をしたということだけがわかっています。

刑事事件であれば犯人の名前が公開されます。

今回の事例はかなり悪質ですが、現時点では懲戒処分にとどまっているので実名が公開されるのは難しいかもしれません。

しかし、被害者の男性職員が被害届を出して刑事事件に発展したら、3人の実名が公開されるでしょう。

個人的には、3人が行ったパワハラを見ても暴行罪などが成立するのではないかと思います。

 

まとめ

この記事では、「神戸市水道局パワハラ職員は誰?名前と顔画像特定は?」と題して記事を作成してきました。

神戸市水道局の職員によるパワハラ行為が報じられて注目されています。

懲戒処分を受けたのは、パワハラ行為をしたという男性職員3人と、管理監督をする立場にある上司だといいます。

この3人は2021年4月以降、身体障害や難病がある50代の職員の口調をまねしていたずらをしたり、暴言を吐いたといいます。

また、鍋に入ったくずきりを首に落とし、男性職員にやけどを負わせるという残虐な行為もしていました。

神戸市水道局でパワハラをした職員は誰で、名前や顔画像は特定されているのかを調べてみましたが、現時点では名前や顔画像は明らかになっていません。

刑事事件になっていないので公開は難しいかもしれませんが、刑事事件に発展した場合は、実名が公開されると思われます。