小林愛実の弟、両親、年収は?のだめといわれる理由とは?wiki風経歴も!

小林愛実さんは、世界的な活躍が期待できる日本の若手ピアニストとして注目を集めています。7月から行われていた第18回ショパンコンクールの予備予選を通過したことで話題となっています。次の本大会でも期待を寄せられているようです。そんな小林さんがどんな人物なのか、気になる弟・両親など家族の情報や年収、さらになぜ「のだめ」と言われているのかについて調べました。

小林愛実のwiki風プロフィール

名前:小林愛実(こばやし あいみ)
生年月日:1995年9月23日
年齢:25歳
出身:山口県宇部市
ジャンル:クラシック

小林愛実さんは、3歳からピアノを始め7歳でオーケストラと共演。8歳より日本音楽コンクール等での優勝経験がある二宮裕子さんからの教えを受けていました。9歳では国際デビューも果たしています。

2011年には、桐朋学園大学附属高校音楽科に全額奨学金特待生として入学。2013年よりフィラデルフィア・カーティスト音楽院に留学。現在は、マンチェ・リュウ教授に教えを受け研鑽しているようです。

幼少期より多くのメディアから注目を集め、フランスのテレビドキュメンタリーや、「深夜の音楽会」「題名のない音楽会」「みんなのショパン」「クラシック倶楽部」など多数のテレビやラジオに出演し、2015年には「情熱大陸」にも登場し話題を呼びました。2018年にはワーナークラシックとのインターナショナル契約を発表しています。

 

小林愛実の弟は?

小林愛実さんにはインスタグラムに度々登場する弟がいるようです。弟もイケメンだと話題になっています。

小林愛実さんの成人式には一緒に写真を撮っていたり、弟の誕生日を祝っていたりと、インスタグラムには仲が良さそうな写真が多々あげられているため、小林愛実さんが弟を可愛がっていることがよく分かります。

また、弟が同じ音楽関係の仕事をしたり、ピアノを弾いているという情報は今のところないので、弟は音楽には関係していないのかもしれません。

小林愛実の両親は?

それでは小林愛実のご両親はどういう方なのでしょうか。

小林愛実さん一家は音楽家系ではなく普通の家庭で、むしろ音楽とは無縁な家庭だったそうです。そんな小林さんがピアノを始めたのは、どうやらお母さんがきっかけだったようです。小林愛実さんの人見知りを治そうとピアノ教室に通わせたということを小林さん本人が語っています。

どんどん才能を開花させる小林愛実さんのために、二宮裕子さんに直接電話でレッスンのお願いをしたり、レッスンに通わせるために東京へ引っ越したりとサポートし続けてきたようです。両親の職業について詳しい情報は今のところはないようです。

小林愛実さんのインスタグラムでは、初詣や誕生日を家族で過ごしたという投稿もあったためとても仲の良い家族であることがうかがえます。

 

小林愛実の年収は?

ピアニストとして著名な小林愛実さん。年収も気になる人もいますよね。

小林さんの収入源として考えられるのは、コンサートの出演料、CDの印税、テレビやラジオ出演のギャラなどです。中でも一番多くの収入が得られるのは、コンサートの出演料だと考えられます。有名なピアニストであれば1回の出演料が100万円を超えることも少なくないようです。

世界で注目を集めている小林さんであれば、超えているのかもしれません。そうなるとコンサートだけでも年収は2000万円〜3000万円にはなると考えられます。さらにその他の収入源も入れば、2500万円〜3500万円ほどになると予想できます。

小林愛実がのだめと言われる理由は?

小林愛実さんについて検索すると、「のだめ」という予測キーワードが出てきますよね。どうしてでしょうか?

アニメやドラマでもおなじみの『のだめカンタービレ』の主人公である「のだめ」のような天才的なピアノの才能を持っていることから「のだめ」と呼ばれているようです。

また、YouTubeでも小林さんがピアノを弾いている動画が観れるのですが、ピアノの技術だけではなく見入ってしまうほどの表現力も持ち合わせていることが分かります。ピアノを弾いている雰囲気に「のだめ」と重なる部分があるのではないかと考えられます。

まとめ

幼い頃から才能を発揮し、数々の舞台で活躍してきた小林愛実さん。ショパンコンクール予備予選通過に沢山のおめでとうの声が届けられています。10月には本大会が開催されます。

前回は日本人唯一のファイナリストだったということもあり、多くの期待と応援が寄せられています。これからも素敵な家族と共にまだまだ才能を発揮してくれるのではないでしょうか。