小林遼被告の家族は両親と姉?インタビューや自宅は?

2018年に新潟市で小学2年生の女子児童を殺害したなどの罪に問われている新潟市の無職・小林遼被告に二審の東京高裁は、一審に続いて無期懲役の判決を言い渡しました。

一審の新潟地裁は、検察側の死刑求刑に対し無期懲役を言い渡し、検察側、弁護側双方が控訴していました。

小林遼被告の家族は両親と姉だけなのでしょうか?

小林遼被告の家族へのインタビューや自宅はどこなのかも気になりますね。

そこでこの記事では「小林遼被告の家族は両親と姉?インタビューや自宅は?」と題してまとめていきます。

 

小林遼被告の家族は両親と姉?

小林遼被告の家族は両親と姉だけなのでしょうか。

調べてみたところ、小林遼被告の家族構成は両親、姉、弟の5人家族になります。

小林遼被告は三姉弟の真ん中にあたります。

事件当時は被害者の自宅近くに家族と5人で暮らしていました。

近所の住民や学生時代の友人の話によると、小林被遼告は真面目で大人しく、いつもニコニコしていた少年だったようです。

見た感じだと一人っ子のように思えましたが、姉と弟がいたとはちょっと驚きですよね。

小林遼被告の家族の顔画像などは公開されていないため、似てるのか似ていないのか分かりませんが、謎に包まれている部分が多い分、色々気になってしまいますよね。

 

小林遼被告の家族へのインタビューは?

小林遼被告の家族へのインタビューはされているのでしょうか。

調べてみたところ、事件翌日の5月8日ミヤネ屋が小林遼容疑者の父親へ直撃インタビューしていました。

息子に関して父親は遊びに行っていると答えており、何も知らないような印象を受けました。

またグッディでも家族へ直撃インタビューしている光景が映し出されていました。

インタビューされていたのは、母親と弟でしたが2人とも仕事に行っていると答えており、自分の家族が事件の犯人であるということにまだ気づいてはいない様子でした。

インタビューでは顔にモザイクがかけられており、どのような人物なのか把握することはできませんでしたが、小林遼被告と同様、温厚そうな印象は受けました。

 

小林遼被告の自宅は?

小林遼被告の自宅はどこなのでしょうか。

調べてみたところ、小林遼被告の自宅はどこなのか特定されています。

遺体を線路上に放置した場所から100m離れた2階建ての一軒屋です。

航空写真から見てみるとかなり大きい立派な家であることが分かります。

被害者の女の子も近所に住んでいましたが、小林遼被告と面識はなかったようです。

また加害者の自宅の住所も特定されてしまっているので、加害者家族は引っ越したという噂があります。

世間を揺るがす大きな事件だったこともあり、当時は連日この話題ばかり取り上げられていた記憶があります。

現在自宅には誰が住んでいるのか、具体的なことは不明ですが犯行内容が残酷すぎたので鮮明に覚えている方も多いのではないでしょうか。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「小林遼被告の家族は両親と姉?インタビューや自宅は?」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめると、小林遼被告の家族は両親と姉、弟の5人家族であることが分かりました。

また家族へのインタビューは事件後にミヤネ屋やグッディなど多数の大手メディアが行っていました。

自宅はどこなのかについても徹底調査したところ、遺体を線路上に放置した場所から100m離れた2階建ての一軒屋であることが判明しました。

ネット上では自宅住所や自宅画像など細かい情報まで記載されていましたので、かなりオープンな報道の仕方がされていたことが伺えますね。

今までこのような事件は見たことがなかったので、事件当時はとても驚きましたし、遺族や加害者への誹謗中傷も多かった印象があります。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。