清宮幸太郎に第二の斎藤佑樹化の「懸念」 野球ファン「扱い過保護に見える」と酷評

スポーツ紙記者はハングリー精神の欠如を指摘

報道によると…

スポーツ紙のアマチュア担当記者、日本ハム担当記者たちは清宮について、「いい子ですよ」と口をそろえる。

「育ちがいいんでしょうね。記者の質問にも丁寧に答えるし、先輩の選手たちもかわいがられている。ただ、早実の先輩の斎藤佑樹にも共通しますがハングリー精神が薄いかなとは思います。のんびりした性格で、ミスをすると何クソという感じではなく、落ち込んでしまう。もう少しガツガツしてもいいかなとは思います」

出典:J-CASTスポーツ https://news.yahoo.co.jp/articles/3af32048e2ba928a77b15c1a3d7b5b990b3971db

日ハム・清宮幸太郎に対する国民の声

国民の声清宮は二軍から這い上がるくらいの打撃を見せてほしいけど、それ以前に基本動作が下手だと思います。走り方とかもなんかおかしいし、守備姿勢もどこか違和感がある。

国民の声:危機感がない。ファーム落ちした最初のロッテ戦。ユニフォーム忘れて石川のを借りて試合に。キャンプ初日もそうだったが、これが全てだろ。

国民の声清宮選手は完全に球団の育成方針が間違っていたのでしょう。初めから二軍でしっかり鍛えていたら、違った今があったかもしれませんね。

国民の声:梨田監督の時に中田翔をなかなか試合に出し続けなかった。それはやっぱり力が足りなかったから。そこで悔しい思いをしてきた中田翔も今では立派な選手になってる。特別扱いし過ぎてる清宮はどうなるんだろうか。

国民の声:清宮幸太郎は二軍でしっかりやって欲しい。守備練習と体力づくりしっかりやってください。怪我多すぎる。ファーストと指名打者しか出来ないから。

国民の声普通の選手の場合はまず2軍で鍛えて自信をつけさせながら段階を踏んで徐々にステップアップさせていくのに、清宮の場合は良くも悪くも「普通じゃない」扱いで高卒1年目からいきなり1軍で起用している。当然プロの1軍レベルの投手と対戦していく中でアマチュア時代に培ってきた自信をへし折られたところはあると思う。その状態のまま1軍で起用し続けたことでどんどん打撃が狂っていったのではないだろうか。

国民の声:清宮自身の性格の問題もあるかもしれないけど、本来踏ませるべきステップを踏ませずにいたずらに1軍で起用し続けた側にも問題がある。それが栗山監督の判断なのかフロントの判断なのかはわからないけど、ファイターズは「スカウティングと育成」を標榜してるのに正直やってることが無茶苦茶だと思う。

国民の声確かに打席で迫力が感じられない。1年目が一番良かったくらいだ。日ハムは若手スター選手を大事にして粘り強くチャンスを与えるのはいいことだが最近は過保護のようにも映る。これは何か強烈なきっかけが必要ではないかと思う。清宮の覚醒を促すために1年間中南米のリーグに放り込むくらいのことをしてもいいかもしれない。

国民の声:高校生の頃はパワーとスイングスピードでなんとかなってたからある意味すごい。守備も上手くない、足も速い訳じゃないだと打撃を磨くしかないけどそれもイマイチ。今年が1つの区切りになると思うけどこっから這い上がるか落ちていくかは清宮次第。

出典:ヤフーニュース

Twitterの反応

編集部より一言

高校時代から、騒がれて、持ち上げられ過ぎた結果がこの有り様です。今レギュラーを張ってる選手も努力を積み重ねた結果だと思います。残念ながら、清宮には見えない努力もない様な気がします。

清宮幸太郎
話題のニュースの最新情報をチェック!