木下富美子のwiki経歴!家族や父親,娘は?自宅はどこ?

無免許で運転し、さらには人身事故を起こしたことで話題の木下富美子議員。事故を起こしたことが発覚したのが7月4日に当選した後すぐ、とのことで驚きが隠せません。

この木下富美子議員ですが、最近では体調不良を理由に議会を欠席し、さらに月給が130万円と高額であったことでさらに国民の怒りを買っています。

今回は、今話題の木下富美子議員についてまとめました。

木下富美子のwiki経歴

名前:木下富美子

生年月日:1966年10月13日

身長:不明

体重:不明

出身:愛知県名古屋市

事務所:不明

 

木下富美子氏は名古屋市出身。

 

中学校は地元の千種台中学校、高校は向陽高校に通いました。向陽高校は愛知県の学校で、偏差値が60台後半から70まで優秀な高校として知られています。

 

1985年に東京外国語大学のスペイン学科に進学しています。大学卒業後はは広告代理店大手の「博報堂」に就職しました。

 

在職中に小池百合子さんが行っていた「クールビズ」キャンペーンに博報堂の社員として参加し、政界との繋がりを持ちました。

その後は、小池百合子さん主催の「希望の塾」に入塾し2017年から板橋区の都議会議員としての政治活動が始まります。

 

小池百合子さんの元で政治を学び、「都民ファーストの会東京都議団副幹事長」の地位まで登りつめました。

 

木下富美子の家族、父親は?

木下富美子市の家族や父親はどのような人物なのでしょうか。

 

木下富美子さんは現在娘さんと猫との3人(2人+1匹)暮らしをしています。過去に結婚していた経緯はありますが、現在は離婚されているそうです。

 

また、木下富美子さんのご両親についての情報を探してみましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

 

木下富美子氏は現在54歳なので、まだご存命の可能性が高いと思いますが、高齢だと思われます。

 

一般人なので、表には出てこないかもしれません。

木下富美子に娘がいる?

上記の通り、木下富美子氏には娘がいることが判明しています。

 

博報堂に勤めていた1999年に出産・育児休業を取得しており、その時点で娘さんを出産しています。そのため、娘さんは22歳前後と予想されます。

 

娘さんを出産した当初はご主人やご両親に助けてもらいながら、育児と仕事の両立に勤めていたそうです。

 

その後ご主人とは離婚され、シングルマザーとして娘さんを育ててきました。その経験を活かし、女性が活躍できる政策やひとり親の支援に関する政策に多く携わっています。

 

木下富美子の自宅はどこ?

板橋区の都議会議員として当選した木下富美子さんですが、自宅はどこにあるのか気になりますね。

調べてみると、2019年7月発売の「女性自身」で「豊島区にある自宅を直撃。」と書かれていたため、現在は豊島区に住んでいる可能性が高そうです。

木下富美子氏の収支報告書には、木下富美子氏の住所が書かれています。

収支報告書には豊島区南大塚とあります。

そこに書かれた住所をたどると、一軒家のようです。

 

豊島区と板橋区は隣の区のため、通いやすさからも豊島区を選んだのかもしれませんね。