キム・インヒョク(バレー)の死因は自殺?化粧が原因?

2022年2月4日、韓国男子プロバレーボール球団「サムスン火災ブルーファングス」に所属する選手キム・インヒョク(27)が死亡しました。

これまでSNSの悪質なコメントに苦しんでいたことが明らかになっており、このことが原因で自殺したのではないかと大きな注目を集めています。

キム・インヒョク(バレー)の死因は自殺だったのでしょうか。

化粧が原因の可能性もあるのでしょうか。

そこでこの記事では「キム・インヒョク(バレー)の死因は自殺?化粧が原因?」と題してまとめていきます。

 

キム・インヒョク(バレー)の死因は自殺?

キム・インヒョクさんの死因が自殺ではないかと騒がれていますが、自殺の可能性は高そうです。

キム・インヒョクさんはこれまでSNSの悪質なコメントに苦しんでおり、その期間は数年間という非常に長い期間、耐えてきたことが伺えます。

韓国では近年、日本以上にネットでの誹謗中傷が問題となっています。

一般人のみならず、芸能人や著名人といった人物もこの誹謗中傷に悩んでいるということも多いようです。

今までバレーボール選手として頑張ってきただけにこんな若さでこの世を去ってしまうなんてとても悲しいですね。

死因についてはこれから徐々に明らかになっていくとは思いますが、どうして今だったのでしょうか。

 

キム・インヒョク(バレー)の死亡は化粧が原因?

キム・インヒョクさんの死亡は化粧が原因ではありません。

ではなぜこのような事を言われているのかというと、キム・インヒョクさんは綺麗な顔立ちをしているため、皮肉コメントとして化粧をしていると言われていました。

キム・インヒョクさんは普段から化粧をすることはないので、化粧という言葉が悪い方向へと進んでいってしまったようです。

そのためありもしないようなデマが次々と拡散されていき、キム・インヒョクさんのイメージダウンはもちろん、精神的苦痛を受けることになってしまいました。

キム・インヒョクさんは容姿端麗のため、周りから嫉妬や嫌がらせを日常的にされていたのでしょう。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「キム・インヒョク(バレー)の死因は自殺?化粧が原因?」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめるとキム・インヒョク(バレー)の死因は自殺の可能性が高いです。

また化粧が原因ということに関しては違うようですが、綺麗な顔立ちということもあり、化粧をしているのかと誹謗中傷されていたことはあったそうです。

近年韓国ではネットでの誹謗中傷により、多くの芸能人、スポーツ選手、著名人などが亡くなっていますのでネットでの匿名性の廃止や厳しい処分を早急に作った方が良さそうですね。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。