吉祥寺ホルモンのオーナーは誰?名前は藍川眞司で顔画像は?

2021年12月8日、Twitterのトレンドに東京・吉祥寺にある飲食店での出来事が話題となっています。

その店は「吉祥寺ホルモン」という名前で、同店のオーナーが暴力を振るったという告発が出されて話題となっています。

一体、吉祥寺ホルモンのオーナーは誰で、なんという名前なのでしょうか?

ツイッターによると、藍川眞司という名前も出ていますが顔画像はあるのでしょうか

また、暴力を振るった理由は何だったのでしょうか?

そこで、「吉祥寺ホルモンのオーナーは誰?名前は藍川眞司で顔画像は?」と題して記事にまとめていきます。

 

吉祥寺ホルモンのオーナーから殴られた理由は?

上記の通り、SH金寶氏という人物が吉祥寺ホルモンのオーナーから殴られたというツイートをして話題となっています。

同氏によると、「何も悪くない」にも拘わらずオーナーから暴行を受けたと言います。

ただ、同氏のツイートには殴られるまでの経緯が一切記載されていない状況です。

警察がかけつけたようですが、この件に関しては当事者以外の目撃者もいないことから、第三者には何が真実なのか判断することができません。

実際、まだ今回の件は刑事事件として立件(捜査)されていないようです。

 

オーナーは誰?名前は藍川眞司?

暴行の被害を訴えているSH金寶氏によると、オーナーの名前は「藍川眞司(つかさ)」氏ということです。

ツイートにはこの名刺には「アイム・ユニバース建設」と記載されていることから、同社が藍川氏の勤務先であることが推測できます。

ただ、藍川氏の名前で検索しても、吉祥寺ホルモンのオーナーを務めているという情報は確認できていません。

現在の時点で確かなことは、「SH金寶が藍川眞司から暴行を受けたと主張している」という事実のみです。