川嶋舟の再婚相手Nは誰?顔画像や下着ブランドの特定は?

  • 2022年3月16日
  • 2022年3月16日
  • 皇室

紀子さまの実弟である川嶋舟さんが再婚していたことが分かりました。

舟さんは、’06年に福島県内の神社で禰宜を務めていたAさんと結婚し、長女が生まれたが、’12年に離婚していました。

当時、離婚の原因はAさんの“不倫”と報じられ、夫婦関係が話題になったこともあります。

また、複数の一般社団法人やNPО法人が、舟さんを広告塔のように担ぎ出し、彼の名前を前面に出して“お金集め”を行い、集まった寄付金や出資金の使途を巡ってトラブルが起きたことがありました。

舟さんは“皇族の親戚”であることを周囲に言いふらす言動はしていないそうです。

そんな、紀子さまの実弟である川嶋舟さんの再婚相手Nは、下着ブランドの社長であるようです。

その人物の顔画像や下着ブランドの特定は出来ているのでしょうか。

そこでこの記事では、「川嶋舟の再婚相手Nは誰?顔画像や下着ブランドの特定は?」と題して、調査したことをまとめました。

 

川嶋舟の再婚相手Nは誰?

再婚相手の方は会社経営をしている社長さんで以前には銀座のクラブでホステスなども経験していたということです。

ランジェリーブランドの社長さんということですが誰なのでしょうか。

報道では名前はNさんとだけあります。

イニシャルとしてNから始まる名前のようですが実名での報道は無いようですが、特定することは出来ませんでした。

年齢は38歳ということで川嶋さんとは10歳違いとなります。

川嶋舟さんの再婚相手の女性に関する情報が公開されたときには新たに追記いたします。

 

続報!川嶋舟さんの再婚相手は栗原菜緒!

紀子様の弟川嶋舟さんの再婚相手は栗原菜緒さんであることが分かりました。

デイリー新潮では、再婚相手の特徴を報じていて、イニシャル、年齢、経歴などが栗原菜緒さんの特徴と一致しています。

栗原菜緒さんは東京都出身で1984年2月11日生まれの38歳です。

自身のインスタでは今年2月12日に結婚をしたとの報告が投稿されていました。

栗原菜緒さんのTwitterでは、『2月11日の紀元節に38歳に』と投稿されていて(現在は削除)、皇室関係者になるのがうれしかったことが窺えます。

 

川嶋舟の再婚相手Nの顔画像や下着ブランドの特定は?

川嶋舟さんの再婚相手Nはランジェリーブランドの社長さんですが、顔画像は公開されているのでしょうか。

再婚相手Nは中学2年生の時から下着に興味をあり、大人になってからはワインの輸入会社で数か月働いた後、ランジェリーショップで働きました。

働いている中で、日本の下着はきつく、心から自信を持って売ることができないと思った栗原さんは、「ならば自分で下着ブランドを立ち上げよう。」と思い、今度はマーケティングを学ぶために会社を転々としたといいます。

29歳のときに、自身の下着ブランド「NAO LINGERIE(ナオランジェリー)」を立ち上げたと言われていますが、同一人物であるか断定は出来ません。

その人物はTBS系の番組で紹介され、顔画像もその時に公開されていました。

展示会や期間限定の出店を経て高評価を得た「ナオランジェリー」は、いまや日本橋高島屋でも常設販売されるほどのブランドになっています。

なお、再婚相手Nについては、ここでは断定できませんが、今後正式に名前が公表される可能性もあるので、情報が入り次第追記いたします。

 

再婚相手Nは栗原菜緒!

デイリー新潮によると、川嶋舟さんの再婚相手Nは栗原菜緒さんであることが分かりました。

再婚相手は、ブランド会社の社長を勤めていると報じられていましたが、栗原さんも自身のブランド会社「NAO LINGERIE(ナオランジェリー)」の社長を務めていますから、ほぼ間違いなさそうです。

栗原菜緒さんは2022年2月12日、自身のTwitterでも結婚を報告し、その相手について注目が集まっていました。

今回、栗原菜緒さんと川嶋舟さんの結婚に、界隈からは喜びの声が上がっています。

 

まとめ

この記事では、「川嶋舟の再婚相手Nは誰?顔画像や下着ブランドの特定は?」と題して、調査したことをまとめました。

紀子さまの実弟である川嶋舟さんの再婚相手Nは、下着ブランドを設立した社長と見られています。

そして、再婚相手Nは、29歳のときに、自身の下着ブランド「NAO LINGERIE(ナオランジェリー)」を立ち上げたと言われています。

そんな再婚相手Nですが、デイリー新潮の報じた年齢、職業、経歴などの特徴が、栗原菜緒さんと一致していました。

栗原菜緒さんについては、TBS系の番組で下着ブランドの社長として顔画像が公開されていました。

栗原さんが社長を勤める「ナオランジェリー」は、いまや日本橋高島屋でも常設販売されるほどのブランドになっています。