川西市丸の内町マンション転落事故の場所はどこ?現場の地図や住所を調査!

2022年9月11日、兵庫県川西市の3階建てのマンションで、小学5年の男の子が3階の廊下から地面まで約7m転落し、顔や腕などの骨を折る重傷を負いました。

意識はあるということです。

警察によりますと当時、男の子は妹ら数人とマンションの廊下で遊んでいて、3階から外に身を乗り出して屋上に上がろうとしたところ、つかんだ手すりの上の鉄の柵が外れそのまま落下したとみられるということです。

警察は柵が外れた原因など転落した状況について調べています。

こちらの事故の場所はどこなのでしょうか。

現場の地図や住所が気になります。

そこで「川西市丸の内町マンション転落事故の場所はどこ?現場の地図や住所を調査!」と題して、記事をまとめていきます。

 

川西市丸の内町マンション転落事故の場所はどこ?

兵庫県川西市丸の内町マンションの転落事故、場所はどこなのでしょうか。

ニュースでは「兵庫県川西市丸の内」と公表されており、また、マンションの写真や動画が上がっていました。

写真などを見ると、3階建てのマンションであることがわかります。

この3階建てマンションの3階部分から身を乗り出し、地面に転落したようですね。

見た限りだと綺麗な外観で、比較的新しいマンションであると推測されます。

より調べると、神戸新聞には「不動産会社のホームページによると、マンションは1996年に完成した。」とありました。

柵が外れるようには見えないですが、なにか管理に不備があったでしょうか。

 

川西市丸の内町マンション転落事故の現場の地図や住所は?

兵庫県川西市丸の内町マンションの転落事故、現場の地図や住所は分かっているのでしょうか。

調べたところ、川西市丸の内町13付近であることが分かりました。

googleマップでその住所付近を検索すると、ニュースの映像で流れていたマンションと非常によく似ている建物が見つかります。

ネット上では「経年劣化か、欠陥住宅だったか」という声や「この年頃の子供はよく無茶な遊びをしがち」という声もありました。

マンションの廊下は遊ぶ場所ではないですし、外に身を乗り出していたということで、手すりに小学5年生の男の子の体重が乗っていたとなるとどうなのかとは思いますが、それでも強度の面で問題があったように感じますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「川西市丸の内町マンション転落事故の場所はどこ?現場の地図や住所を調査!」と題して、記事にまとめてみました。

2022年9月11日、兵庫県川西市の3階建てのマンションで、小学5年の男の子が3階の廊下から地面まで約7m転落し、顔や腕などの骨を折る重傷を負いました。

兵庫県川西市丸の内町マンションの転落事故、ニュースでは「兵庫県川西市丸の内」と公表されており、また、マンションの写真や動画が上がっていました。

写真などを見ると、3階建てのマンションであることがわかります。

不動産会社のホームページによると、マンションは1996年に完成したそうです。

また、現場の地図や住所は、川西市丸の内町13付近であることが分かりました。

googleマップでその住所付近を検索すると、ニュースの映像で流れていたマンションと非常によく似ている建物が見つかりました。