川村啓真の退団理由は不正受給?兄の川村太晟の経歴も調査!

2022年6月10日、埼玉西武ライオンズの新人選手が自主退団を申し入れました。

自主退団を申し入れたのは、昨年のドラフトで入団した國學院大学出身の川村啓真元外野手です。

川村元外野手は富山県出身で、国学院大学では東都大学1部リーグでベストナインと首位打者を獲得したという実績を持っています。

育成ドラフト4位で西武に入団し今後を期待されいたために、シーズン途中の異例の退団に世間で驚きと戸惑いの声が上がっています。

どうやら川村元選手の兄である、川村太晟容疑者が新型コロナの給付金を騙し取ったとして逮捕されているようです。

弟の川村元選手も大学時代に、兄に関与して給付金を騙しとっていた疑いがあります。

果たして、退団理由は不正受給なのでしょうか。

また、兄である川村容疑者の経歴も気になるところです。

そこで、今回は「川村啓真の退団理由は不正受給?兄の川村太晟の経歴も調査!」と題して、記事をまとめていきます。

 

川村啓真の退団理由は不正受給?

川村元選手の退団理由は不正受給なんでしょうか。

川村元選手は川村元選手の兄である川村太晟容疑者と共謀して、持続化給付金を騙し取っていたと見られています。

兄の逮捕後に、川村元選手は球団から給付金を返還するようにと言われています。

川村元選手は言われた通りに給付金を返還したため、逮捕を免れたようです。

球団は取材に対しては、「川村選手は一身上の都合で退団した」と回答していますが、あるNPB関係者は「川村は給付金を不正受給していたことを自己申告し、球団は本人からの退団を受理した」と語っています。

兄の逮捕のタイミングでの自主退団ですので、不正受給に加担していたとみて間違いないでしょうね。

 

川村啓真の兄の川村太晟の経歴は?

川村啓真元選手の兄である川村太晟容疑者の経歴も気になります。

川村容疑者も川村元選手と同じく、富山第一、山梨学院大学で野球をしていました。

大学まで野球を続けていたようですが、その後の詳しい進路は不明です。

逮捕時には、自称サービス業と報道されていましたが、これだけでは職業を特定することは困難でしょう。

Twitter,FaceBookなどのSNSはTwitterアカウントは確認されていますが、2018年で更新が止まっています。

経歴らしき情報も「富山第一高校→山梨学院大学」としか記載されておらず、Twitterから詳しい経歴を知ることはできません。

また、Facebookに関しては同姓同名のアカウントはありましたが、それ以外の情報がないので、本人のものであると断定はできません。

よって、川村容疑者の経歴について詳しく知ることは現段階では難しいでしょうね。

事件が進展するにつれ新たな情報が開示されるかもしれませんので、その時は記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「川村啓真の退団理由は不正受給?兄の川村太晟の経歴も調査!」と題して記事をまとめました。

2022年6月10日、埼玉西武ライオンズに昨年のドラフトで入団した國學院大学出身の川村啓真元外野手が、自主退団を申し入れました。

川村選手の兄である、川村太晟容疑者が新型コロナの給付金を騙し取ったとして逮捕されており、弟の川村選手も大学時代に、兄に関与して給付金を騙しとっていた疑いがあるようです。

球団は取材に対しては、「川村選手は一身上の都合で退団した」と回答していますが、あるNPB関係者は「川村は給付金を不正受給していたことを自己申告し、球団は本人からの退団を受理した」と語っています。

川村元選手は給付金を返還したため、逮捕を免れたようです。

自主退団が兄の逮捕のすぐ後であることから、不正受給に加担していたとみて間違いないでしょう。

兄である川村容疑者も川村元選手と同じく、富山第一、山梨学院大学で野球をしていました。

しかし、大学時代の後の進路は不明です。

逮捕時には、自称サービス業と報道されていましたが、これだけでは職業を特定することは困難でしょう。

Twitterアカウントは確認されていますが、2018年で更新が止まっています。

Facebookも同姓同名のアカウントはありましたがそれ以外の情報がないので、本人のものであると断定はできません。

よって、川村容疑者の経歴について詳しく知ることは現段階では難しいです。