葛西敬之の死因の病気は何?自宅住所がどこかも調査!

昭和62年の国鉄民営化に尽力した元JR東海社長の葛西敬之が81歳で死去されました。

葛西さんは旧国鉄に就職後、内部から民営化に取り組みました。

平成7年にはJR東海の社長に就任し、リニア中央新幹線の着工にも政治介入を排除する方針を固持したまま尽力しています。

このような経歴を持つ葛西さんの死因とは何なのでしょうか。

また葛西さんの自宅とはどこにあるのでしょうか。

今回は「葛西敬之の死因の病気は何?自宅住所がどこかも調査!」と題してまとめていきます。

 

葛西敬之の死因の病気は何?

葛西さん死去の報道がされた記事を確認すると、葛西さんの死因は間質性肺炎とされています。

間質性肺炎とは、間質という肺胞や気道以外の肺組織全体のことで、肺を支える役目を担っている部分に炎症が起こり、血液に酸素が取り込まれにくくなる病気のことです。

この病気は6割が原因不明とされているそうです。

症状としては息切れや咳が挙げられますが、初期は荷物を運んだりの重労働をして起こる息切れと見分けがつかず、進行してからは衣服の着脱程度の動きでも息切れが起こるようになるそうです。

葛西さんの年齢を考えると、呼吸系の問題を感じて入院を選択していたことも考えられます。

 

葛西敬之の自宅住所はどこ?

葛西さんの自宅は東京都杉並区にあるそうです。

中央線と東京メトロが使えるところの最寄駅から歩いて15分の戸建て住宅に住んでいるとのことです。

杉並区で中央線と東京メトロが乗り入れている駅は荻窪駅がそうです。

自宅の敷地も70坪あるそうで、杉並区荻窪の土地単価をざっと計算して、土地だけでも1億9900万円の価値があるそうです。

これに建物の価値も含めると恐ろしい金額になりそうですね。

 

まとめ

今回は「葛西敬之の死因の病気は何?自宅住所がどこかも調査!」と題して、記事にまとめてきました。

2022年5月27日に、国鉄民営化に尽力した葛西敬之さんが死去されたと報道がありました。

葛西さんは1963年に旧国鉄に入社し、内部から民営化に取り組まれました。

もとJR東海社長とJR西日本社長と合わせて国鉄3人組と呼ばれていました。

葛西さんは2007年にはリニア中央新幹線の着工に尽力しています。

葛西さんの死因である病気が何であるかですが、間質と言われる灰を支える部分に炎症が起こる、間質性肺炎とされています。

呼吸器の不調を感じて入院していたのでしょう。

そして葛西さんの自宅の住所がどこなのかは、東京都杉並区であるとわかりました。

中央線と東京メトロが乗り入れる駅から徒歩15分の戸建て住宅に住んでいたそうです。