Kアリーナ横浜:Kの意味何で名称やイニシャルの由来は?

2021年11月16日、2023年秋に神奈川県の横浜みなとみらい21地区にオープンする新たな音楽アリーナの名称が「Kアリーナ横浜」に決定したということが話題となっています。

特に、この施設の頭にある「K」の意味が何なのかに注目が集まっています。一体何なのでしょうか。

2023年にKアリーナ横浜が誕生

音楽ナタリーは以下のように報じています。

2023年秋に神奈川県の横浜みなとみらい21地区にオープンする新たな音楽アリーナの名称が「Kアリーナ横浜」に決定した。

Kアリーナ横浜はケン・コーポレーションによる大規模複合開発プロジェクトの一環としてオープンする、音楽に特化したアリーナ施設。座席数は音楽アリーナとしては世界最大級の2万席で、三層構造のスタンド全席がステージ正面を向いた扇型の配置となっている。また高級感あふれるVIPエリア、横浜の夜景が楽しめるバーラウンジなどの付帯施設も用意される。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/ab20e11c76d48779ce4023e882575ec4bbb3c686

ネットの反応

国民
みなとみらいにはすでにぴあアリーナMMがあるのに。
この規模は東京にないとペイしないのでは?
横浜市には横浜アリーナという音楽の殿堂があるが、
こんごはみなとみらいに公演場所がこぞって移りそう。
国民
元々はカジノができるのを見込んでのプランなのだろうが、ホテルもホールも林立して果たしてどうなるだろう
国民
みなとみらいだけで、大小さまざまな音楽施設が出来て、毎夜、どこかで開催されてるとしたら、横浜のナイトシーンは、なんと素敵なことだろう。
国民

2万席じゃ後ろの方は、アーティストが相当小っこくしか見えないだろうな。
横浜アリーナでもかなり小っこいのに。

国民

建築中に入ったけどマジでスゲー。
一番上の席は8階位の高さに見えた。

国民

横文字の長ったらしくて覚えにくく、舌を噛むような言いにくい名前より、シンプルで全然いいネーミングかと思います。賛成します。

出典:ヤフーニュース

Kアリーナ横浜:Kの意味何で名称やイニシャルの由来は?

今回名称が発表された「Kアリーナ横浜」ですが、冒頭の「K」の意味が何なのか、Twitter上で話題となっています。

 

 

上記のように、Twitter上ではの意味をめぐって、大喜利状態となっています。

正確な由来はわかりませんが、Kアリーナ横浜はケン・コーポレーションの開発プロジェクトとしてオープンします。

そのため、プロジェクトを担当する「ケン・コーポレーション」の「K」である可能性が高いと推測されます。

 

ただ、公式発表はされていないようなので、今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref