カネシンJKS:社長の名前と顔画像|焼津市カツオ窃盗水産会社

静岡県焼津市の魚市場で大量のカツオを盗んだとして、焼津漁業協同組合職員ら7人が逮捕された事件が、話題となっています。

以前から水産関係者の間では「焼津港では水揚げが減る」と指摘されており、長年にわたって不正が続いていた可能性があるというのです。なかでも、主犯格とみられる水産加工会社があるといいます。

焼津漁港のブランドを失墜させた重大な事件ですが、この犯人は誰なのでしょうか?

報道の概要

読売新聞は以下のように報じています。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/d15cf025c0827a2d17351160090cd1de387c5f97

 

上記報道のように、今回の事件の主犯格は40歳の漁協職員、水産加工会社元社長の両容疑者とみられています。

水産加工会社元社長は部下の元役員に指示し、倉庫に運ばせたカツオを自社の所有と偽った疑いがあるというのです。

この社長とは何者なのでしょうか?

 

ネットの反応

国民
これが本当ならば、逮捕者7人で済む話ではない。
逮捕者の年齢が若いから。
国民
何で会社名を出さないんだ?
法人への刑事罰はない。そのフェアトレードが世間の目のはず。
メディアならさっさと公表して報じろ!
国民
漁業従事者にとって漁協職員は警察官みたいなもの
信頼と信用が無ければ成り立たない
国民

漁協っていうのは一般の人が思うよりもかなり閉鎖的で独占的でかなり暴力的。テレビで映っている世界とは全く違うと思って良い。こんなのごく一部でしょう。

国民

漁協が漁師の水揚げをちょろまかすのはべつに珍しい事じゃあありませんが、ここまで大々的にやるとはもう信用問題ですよねえ。

国民

水揚げ量が減るって気付かれるということは相当量を、しかも何十年も前から続いていたという事ですよね。

出典:ヤフーニュース

カネシンJKSの社長の名前と顔画像

読売新聞では実名が伏せられていましたが、調べたところ、すでに他の報道では実名が公表されていることがわかりました。

 

特に、逮捕された水産加工会社の社長については中日新聞は以下のように報じています。

 

新たに逮捕されたのは、ほかに水産加工会社「カネシンJKS」(同市浜当目)の元社長進藤一男容疑者(60)=同市大村新田=
出典:https://www.chunichi.co.jp/article/355379

 

上記のように、今回カツオの窃盗で逮捕された焼津市の水産会社社長は「カネシンJKS」の元社長です。
また、逮捕されたのは元社長の進藤一男容疑者です。

ちなみに自宅住所を調べるとこのあたりです。

 

ただ、進藤一男容疑者の顔画像について調べてみましたが現在のところ確認されていません。

Facebookでは同姓同名のアカウントが複数あるものの、プロフィール部分は非掲載で進藤容疑者のものを特定することはできませんでした。

そもそも60歳という年齢なので、Facebookは利用していない可能性もあります。

 

今後新しい情報が入り次第掲載いたします。

関連記事

2021年11月15日、静岡県焼津市の魚市場で大量のカツオを盗んだとして、焼津漁業協同組合職員ら7人が逮捕された事件について報じられて話題となっています。特にこの事件に、漁協を司る漁協が関与していたということに地元に衝撃を広げててい[…]

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref