神田沙也加の書き置きの内容は?遺書が公開される?

2021年12月18日に突如亡くなった神田沙也加さんについて、飛び降りたとみられるホテルに書き置きがあったことが報じられて話題となっています。

実質的な遺書とみられていますが、書き置きの内容は何だったのでしょうか。

また、遺書が公開されるのでしょうか。

そこで、「神田沙也加の書き置きの内容は?遺書が公開される?」と題して記事をまとめていきます。

 

神田沙也加の書き置きの内容は?

神田沙也加さんが残したとされる書き置きについては、スポニチが報じました。

報道によると、書き置きには神田沙也加さんが抱えていた悩みだけでなく、周囲の人への感謝の言葉などが、沙也加さんらしい言葉で書かれていたといいます。

沙也加さんは、マイフェアレディの札幌公演に向かう前日に不調だった喉に関する診断が出ていて、「手術をして歌えなくなったらどうしよう」という不安な思いを抱えていたといいます。

また、愛犬の死、恋人との恋の行方の悩みなど、苦悩も重なっていて、そうした思いがまとめられていたようです。

神田沙也加さんは様々な心の闇も抱えていたようです。

沙也加さんは昔からモノを書くことが好きで、関係者の話によると「昔から出会った人への感謝の気持ちなどを、よく手紙に書く人だった」といいます。

神田沙也加さんは生前、インスタグラムで意味深な投稿をしていました。

この投稿をInstagramで見る

sayakakanda(@sayakakanda)がシェアした投稿

 

 

神田沙也加の遺書が公開される?

それでは、神田沙也加さんの遺書は見つかっているのでしょうか。

警察は「遺書は見つかっていない」としています。

今回発表された書き置きは遺書とは異なるものだといいますが、実質的に遺書であるともとらえられます。

これまで神田沙也加さんの訃報に関しては、事故や他殺ではないかという説も飛び交っていました。

しかし、書置きがあったことから、本人の意思で飛び降りた可能性が高いと思われます。

なお、2021年12月21日には神田沙也加さんの公式ホームページで、「ファンの皆様、関係者の皆様」と題した事務所社長名義の文面が掲載されました。

文章では、転落の原因については神田さん本人の名誉と周囲の方々への影響など様々な観点を踏まえて公表を控えたいと書かれています。

このことから、所属事務所は今後も神田沙也加さんの具体的な情報を公表する可能性は低いと思われます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2021年12月18日に突如亡くなった神田沙也加さんについて、飛び降りたとみられるホテルに書き置きがあったことが報じられて話題となっています。

そこで、「神田沙也加の書き置きの内容は?遺書が公開される?」と題して記事をまとめてきました。

書き置きの内容を調べたところ、周囲の人への感謝の気持ちなどをまとめた文章だったようです。

また、警察は遺書とは別物と発表していて、今の所遺書は公開されていません。

ただ、ホテルに書き置きがあったということは実質的に遺書であるともとらえられます。

書き置きがあったことを考えると、事件性はなく自らの意思でホテルから飛び降りたと考えるのが自然な気がします。