上志段味小学校のプールが汚い?施工業者はどこ?

2022年6月24日、去年できたばかりの小学校で行われた水泳の授業で児童63人がケガをしました。

事故があったのは、名古屋市守山区の市立上志段味(かみしだみ)小学校です。

名古屋市教育委員会によりますと、プールを利用した児童が手や足にケガをしており、調査した結果、2年生〜6年生の児童63人に足の甲、ひざ、指先に擦り傷があったことが確認されたようです。

児童たちはプールの底に手足をついて移動する「わにさん歩き」をしている際に擦り傷を負ったと見られています。

これを受けて学校は、今シーズンのプールの利用を中止するすることを決めました。

それほどまでに上志段味小学校のプールは汚かったのでしょうか。

また、プールの施工業者はどこだったのかも気になりますね。

そこで、今回は「上志段味小学校のプールが汚い?施工業者はどこ?」と題して、記事をまとめていきます。

 

上志段味小学校のプールが汚い?

上志段味小学校のプールは汚かったのでしょうか。

学校の職員と施工業者がプールの状態を確認したところ、ケガの原因は「モルタルを吹き付けた際にプールの底にできる細かい突起」ではないかとのことです。

モルタルとは、セメントに水や砂を混ぜ合わせて作る建築材料のことです。

コンクリートより強度は劣りますが、柔軟性と耐火性がある長所があり、住宅の壁や床にも使われています。

プールの底面のモルタルの吹きつけ方に何か問題があったのかもしれません。

プールの状態はやはり汚かったと見受けられますね。

これに関しての新たな情報が入り次第記事を更新いたします。

 

上志段味小学校のプールの施工業者はどこ?

上志段味小学校のプールの施工業者はどこなのでしょうか。

上志段味小学校は去年にできたばかりの新しい学校です。

それを踏まえて調査した結果、3年前の2019年に締結された上志段味小学校新築工事においての契約書に施工業者と見られる会社が2社ほど記載されておりました。

プールの施工を担当したのはどちらの側の業者かはわかりませんが、契約書の図面にプールも含まれていたことからどちらかの業者がプールを担当していたのは間違いないでしょう。

事故の責任は施工を担当した業者に発生しそうですね。

まだ、施工の段階で問題があったとは断定ができませんので、この記事での業者の公開は控えさせていただきます。

より詳細な情報がありましたら記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「上志段味小学校のプールが汚い?施工業者はどこ?」と題して記事をまとめました。

2022年6月24日、名古屋市守山区の市立上志段味(かみしだみ)小学校で、プールを利用した2年生〜6年生の児童63人に擦り傷があったことが確認されました。

学校の職員や施工業者によると、ケガの原因は「モルタルを吹き付けた際にプールの底にできる細かい突起」ではないかとのことです。

プールの底面のモルタルの吹きつけ方に何か問題があったのかもしれません。

上志段味小学校新築工事においての契約書に施工業者と見られる会社が2社ほど記載されておりどちらかの業者がプールの施工を担当していたのは間違いないでしょう。