角谷貴史のFC2アカウント名特定は?動画内容を徹底解説!

2022年11月14日に、女性とのわいせつ行為を撮影した動画をFC2へ投稿していたため、50歳の会社役員が逮捕され、現在話題となっています。

逮捕されたのは、映像制作会社の役員を務めていた角谷貴史容疑者で、5年間で8200万円余りの利益を得ていた事がわかっています。

そんな角谷貴史容疑者ですが、FC2アカウントは既に特定されているのでしょうか。

投稿されていた動画の内容についても、気になっている方が非常に多いようです。

そこで今回は、「角谷貴史のFC2アカウント名特定は?動画内容を徹底解説!」と題して記事をまとめていきます。

 

角谷貴史のFC2アカウント名特定は?

まずはじめに、角谷貴史容疑者のFC2アカウントを特定するべく徹底的に調査していきます。

今わかっている情報としては、2016年頃から同様の行為をしており、それを2022年現在まで続けていたようです。

そして冒頭で説明した8200万円は利益のため、売上だけを見れば1億以上だったことが推測できます。

角谷貴史容疑者は「FC2コンテンツマーケット」で動画を登校していたようですが、果たしてどんなアカウント名で登録していたのでしょうか。

そこで、角谷貴史容疑者のアカウント名を調べていくと、あることが判明しました。

実は報道では、アカウントの特定に繋がるような情報は一切公表されていないとのことです。

ですが、FC2のプロフィールに書いてある自己紹介文や商品の説明文などがわかれば、簡単にアカウントを特定できるでしょう。

FC2コンテンツマーケットのアカウントがBANされてしまっている可能性もあるため、特定するのであればどのみち時間との勝負になってくるでしょう。

 

角谷貴史のアカウントは尾張屋本舗

その後の報道で、角谷貴史容疑者が運営するFC2のアカウント名が明らかになりました。

「尾張屋本舗」というようです。

ただ、今回の逮捕によって尾張屋本舗の動画はすべて削除されています。

また、角谷貴史容疑者は尾張屋本舗以外にも複数のアカウントを運営していたので、尾張屋本舗はあくまで一つのアカウントにすぎないことには注意が必要です。

参考:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/314464

 

角谷貴史の動画内容は?

次に、角谷貴史容疑者の動画内容は?という疑問についても詳しく見ていく事としましょう。

報道では、女性とのわいせつな行為を自身が撮影した動画との内容が公開されていますが、いわゆる無修正作品だと思われます。

角谷貴史とネット上で検索をかけると、過去に手掛けた作品が幾つかヒットしたのですが、どれもイメージビデオばかりでした。

そのため、動画撮影のクオリティが高く、視聴者からも人気のある作品が多かったのだと思われます。

無修正作品を日本国内から海外のサイト経由で日本国内の視聴者に配信する行為も違法となっており、販売目的での所持も違法になります。

アップロードする側はこの様にリスクがつきものですが、消費者側としては無修正動画を視聴するのとダウンロードする事は違法ではありません。

そのため、需要と供給が高く利益も上げやすいのではと思うユーザーが増え、現在はより取り締まりが厳しくなってしまったのでしょう。

一方で、周りに迷惑をかけていないから良いのでは?と言う声やFC2に動画を投稿している人が悪い思わないとの声も多く、反発の声も多いようです。

 

過剰な取り締まりへの反発の声

今更、無修正作品の取り締まりを強化するなんて非合理的過ぎる。

海外の業者だったり、得たいの知れないような個人が儲かるっていうほんとにおかしな仕組みだよ。

 

毎回こんなニュースばっかで悲しくなります。

女性も合意の上ならば、こういう映像は世の男性に需要あるんだから別にいいじゃん。

 

日本はいい加減に無修正を解禁したらいいんじゃないの?

地上波のテレビで誰もが見れちゃうわけではないんだし。

動画サイトでは、ほとんど無修正ばっかで溢れ返ってんだから。

 

全然被害出てないじゃん。

そんな事なんかよりも毎日報道されてるクルマとかの窃盗に人員使えばいいのに。

こんなにも被害が生まれているんだぞ。

 

まとめ

今回は、「角谷貴史のFC2アカウント名特定は?動画内容を徹底解説!」と題して記事をまとめていきました。

わいせつな行為を自ら撮影した動画をFC2へ投稿し、その事が原因で逮捕されてしまった角谷貴史容疑者。

5年前から同様の行為を繰り返し、8200万円もの利益を得ていたとの事ですが、その動画の配信を見て楽しんでいた人たちも少なくないはずです。

この記事では、そんな角谷貴史容疑者のFC2アカウント名の特定や動画の内容についても詳しく調査をしていきました。

角谷貴史容疑者は、FC2コンテンツマーケットに販売目的の動画を投稿し、それを売って利益にしていたという事が明らかになっています。

一般的にはFC2のサイトに登録する際には、名前を登録したり動画販売促進のためにプロフィールを作成する必要があります。

当初はアカウント名が特定されていませんでしたが、その後の報道で「尾張屋本舗」というアカウントであることが明らかになりました。

検挙されたことによって、サイトが閉鎖したり動画が削除されてしまう可能性は非常に高い為、時間との勝負になってくる事でしょう。

投稿された動画の内容に関しては、公表されていないため詳しい事はわかりませんでした。

角谷貴史容疑者はイメージビデオを手掛けていたことから、作品を作り上げる技術には自信があった事でしょう。

普通の仕事だとしても充分稼いでいけたとは思いますが、楽に稼げる方法に目が眩んでしまったようですね。

現在ネット上にアップロードされている無修正作品はどんどん検挙されてしまい、多くの作品は削除されてしまっています。

ですが、そのような動画を検挙する必要はないのでは?と言う声も多いことから法律にも問題があるのかもしれませんね。