JRの大規模停電/見合わせの原因は蕨交流変電所火災 |現在の状況まとめ

  • 2021年10月10日
  • 2021年10月11日
  • 火災

2021年10月10日、首都圏のJRで大規模な停電が発生して、在来線ダイヤが大きく乱れるという出来事がありました。

一体原因は何だったのでしょうか。

報道の概要

TBSは以下のように報じています。

日曜日の午後の首都圏でJRの在来線ダイヤが大きく乱れています。

JR東日本によりますと、午後1時前から停電が発生して、首都圏の在来線の多くが運転を見合わせました。

停電が発生したのは午後0時54分ごろで、全線で運転を見合わせたのは、山手線、京浜東北線、埼京線、常磐線快速、宇都宮線、高崎線、京葉線、武蔵野線で、午後2時時点では一部の電車が動き始めています。

埼玉県警などによりますと、埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所で火災が起き、JR東日本によると、変電所からの送電が出来なくなり、大規模な運転見合わせになったとみられるということです。変電所の火災は午後1時半前にほぼ消し止められたということです。

電車は徐々に動き始めていますが、全面復旧には時間がかかるとみられます。

出典:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4378978.html

上記のように、今回の大規模な停電と運転見合わせなどは埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所での火災が原因でした。

JR蕨交流変電所の場所

JRの蕨交流変電所の場所は以下の通りです。
宇都宮線・高崎線・京浜東北線の西川口と南浦和駅の間で、西川口駅よりの場所です。

正式名称は東日本旅客鉄道(株)蕨交流変電所(直流併用)になります。

〒335-0002 埼玉県蕨市塚越4丁目16−1

 

 

JR蕨交流変電所で火災発生

大規模停電の現在の状況ツイッターまとめ

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref