ヨナス・ブリューワー審判の顔画像や経歴は?採点が人種差別?

北京五輪スノーボード男子ハーフパイプで金メダルを獲得した平野歩夢(23)が決勝の2回目で披露した滑りの採点が低すぎるのではないかと物議になっています。

この採点に関しては日本人のみならず、世界中から納得がいかないと大騒ぎになっている状況です。

そんな中ある一人の採点者に注目が集まっています。

ヨナス・ブリューワー審判の顔画像や経歴は特定されているのでしょうか。

採点が人種差別なのかについても徹底調査していこうと思います。

そこでこの記事では「ヨナス・ブリューワー審判の顔画像や経歴は?採点が人種差別?」と題してまとめていきます。

 

ヨナス・ブリューワー審判の顔画像や経歴は?

ヨナス・ブリューワー審判の顔画像は検索してみましたが、ヒットしませんでした。

経歴やプロフィールなどに関しても全く手がかりとなる情報がないため、どういった人物なのか想像すらできない状況です。

しかし、ある記事によるとヨナス・ブリューワー審判は20年以上も審判員の経験がある大ベテランのようです。

なので歴の浅い審査員ではないことは間違いありません。

このままこの採点に関する物議が大きくなっていけば、ヨナス・ブリューワー審判がどういった人物でどういった顔や経歴の持ち主なのか、明らかになってくる可能性は十分に考えられます。

実は平野歩夢選手をめぐる採点以外にも北京五輪では男子のスロープスタイルでジャッジに対する批判が沸き起こっています。

その時の責任審判(スロベニア)は米スノーボードの専門メディアの取材に対し、カメラのアングルや瞬時に判定しなければならないことを誤審の要因に挙げていることから、平野歩夢選手の採点もミスである可能性が浮上しています。

ヨナス・ブリューワー審判は謎に包まれ過ぎているので、一刻も早くその人物像が明らかになってほしいですね。

 

ヨナス・ブリューワー審判の採点が人種差別?

ヨナス・ブリューワー審判の採点は人種差別ではないのかという説も出てきていますが、そのような情報は現時点では一切出てきていないので何とも言えない状況です。

もし仮に人種差別であった場合、更なる大事を招くことになるため、この件は本当なのかどうかははっきりしてもらいたいところですね。

最近はスポーツ競技でも人種差別の問題は多いですし、人種差別に対する世間のバッシングも過熱しているのでこの件に関してはただの噂であってほしいと願うばかりです。

それにしてもなぜヨナス・ブリューワー審判だけがここまで注目されているのでしょうか。

調べてみたところ、どうやらヨナス・ブリューワー審判が決勝2回目の採点で89点を出したという情報がネット上で拡散されていたことが原因のようです。

念願の金メダルを獲得したのに何とも後味の悪い結果になってしまいましたね。

平野歩夢選手の決勝での採点を担当した審判やなぜ点数が低かったのかについては、こちらの記事をご確認ください。

関連記事

北京五輪スノーボード男子ハーフパイプで金メダルを獲得した平野歩夢(23)が決勝の2回目で披露した滑りの採点が低すぎるのではないかと物議になっています。この採点に関しては日本人のみならず、世界中から納得がいかないと大騒ぎになっている状[…]

平野歩夢 ハーフパイプ ジャッジ 誰 決勝 2回目 採点 低かった 理由

 

まとめ

今回は「ヨナス・ブリューワー審判の顔画像や経歴は?採点が人種差別?」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめるとヨナス・ブリューワー審判の顔画像や経歴は、今のところは不明です。

また採点が人種差別なのかどうかという点についても今のところはただの噂の段階なので、あったのかどうかは判断のしようがありません。

金メダルを獲得したのにこんなにモヤモヤすることなんて今まであったでしょうか。

素直に喜べないのってなんかとても嫌ですね。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。