泉龍都のwiki!顔画像,自宅住所,インスタ,仕事も!神戸市北区堤将太さん事件の犯人!

10年前の神戸市北区高校生殺人事件。2010年、当時高校生だった堤さんを殺害して犯人は逃亡。その犯人がこのたび逮捕されました。報道では名前は明かされず「元少年」とのことでしたが、犯人の名前が判明。「泉龍都」と名乗るPhotoShopデザイナーということが分かりました。

では泉龍都とは一体どういう人物でしょうか。経歴や自宅住所、仕事など調べました。

泉龍都のwiki経歴、顔画像

名前:泉龍都

年齢:28歳

仕事:PhotoShopデザイナー

泉龍都について詳しいことはまだ分かっていませんが、個人情報は漏れ出てしまっています。

泉龍都と名乗っていますが、もしかしたら本名ではなく仕事上の名前かもしれません。

堤将太さん事件の犯人はパート職員として施設内の店舗の売り上げをまとめたり広報資料を作成したりする仕事をしていると報道されていますが、泉龍都はTwitterやインスタ、NoteやYouTubeといったSNSを駆使してPhotoShopデザイナーとして活動していたようです。

女性を美しく見せる画像が多い印象です。

 

泉龍都の自宅住所、両親は?

泉龍都のHPに記載の住所は、愛知県西春日井郡豊山町豊場青塚屋敷17-1とのこと。

この住所が正しいのかは不明ですが、この住所でご両親と一緒に住んでいたらしいということは分かりました。

戸建てで犬も飼っていたようなので、どうやらご両親はある程度の収入のある方と思われます。泉龍都はパート職員兼PhotoShopデザイナーということでそこまで大きな収入は稼いでいなかったのだろうと推測されます。

 

泉龍都のインスタグラム

泉龍都のInstagramはこちら。これは爪を整えているところらしいです。Twitterにもこれの動画がありましたが、一体何なんでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

泉 龍都(@ryutoizumi33)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

泉 龍都(@ryutoizumi33)がシェアした投稿

インスタにも、やはり女性の画像が多いですね。綺麗なものもありますが、セクシーで怪しいものや猟奇的なものにどうしても目が止まってしまいます。

この投稿をInstagramで見る

泉 龍都(@ryutoizumi33)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

泉 龍都(@ryutoizumi33)がシェアした投稿

YouTubeもあります。自己顕示欲が強いのでしょうか、顔写真も常に載っています。

泉龍都はnoteも行っているようです。

noteでは、Photoshopの情報発信などをしています。

7月5日には「憎悪の昇華」という題名でブログを書いています。

「憎悪を昇華させるための結論としては、暇の入る隙ができない程に(合法的範囲内で)行動し続けるということです。」

などと書かれていますが、今回の逮捕前に何かをさとったのでしょうか。

関連性も気になります。

詳しくはコチラ→憎悪の昇華|泉 龍都|note

泉龍都の仕事

施設内の店舗の売り上げをまとめたり広報資料を作成したりするパート職員とのことです。

一方でネットの世界ではPhotoShopデザイナーとして活動。レタッチの講座などを有料で開設していたようです。レタッチという色やコントラストを調整して美しく見せることですね。講座の評判はわりと良く、丁寧とか分かりやすいとか言われていました。でも受講者の数は少なく、その仕事だけでは生活できなかったと思われます。

画像加工、編集やデザインの仕事をしていて、講師としても活動しています。

adobeが主催する試験にも合格して資格を持っているようです。

ただ、子どもの頃から芸術関係に触れていたわけではなく、
2017年にPhotoshopを購入して映像や画像加工の勉強を始めたようです。

Photoshopを買ってからは、毎日勉強や練習をして専門知識をつけたとされています。