【名前+学校】岩手県北県立高校パワハラ30歳代男性教諭は誰でどこ?ストップウォッチ投げる

岩手県で、県北教育事務所管内の県立高校に勤める30歳代の男性教諭が生徒に対する不適切な言動で懲戒処分されました。今年4月、顧問を務める運動部の複数の男子生徒に「ばか」「頭悪い」と発言したほか、ストップウォッチを壁に投げつけるなどしたとされています。指導に熱が入ったのはいいですし同情する面もありますが、不適切行為はいけないですよね。この教師は一体どのような人物なのでしょうか。調べてみました。

岩手県北教育事務所管内の県立高校30歳代の男性教諭が処分

報道によると…

岩手県教育委員会は23日、県北教育事務所管内の県立高校に勤める30歳代の男性教諭を生徒に対する不適切な言動で減給(10分の1)1か月の懲戒処分としたと発表した。

発表によると、男性教諭は今年4月、顧問を務める運動部の複数の男子生徒に「ばか」「頭悪い」と発言。持っていたストップウォッチを壁に投げつけるなどして威圧感も与えた。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/3d1e7e81b7a8a6a79aedf85f8acbab79cee7ea29

岩手県での部活動の指導をめぐっては、3年前、県立不来方高校のバレーボール部に所属していた男子生徒が自ら命を絶って、県教育委員会が再発防止策の策定を進めているという事案もあります。

インターネット上ではこのようなコメントが出ています。

顧問に心のコントロールの仕方を教えるべき。
殆どのスポーツでは心のコントロールは非常に重要。
出来ないなら名ばかり顧問で学生に任せたらいい。
それにしても減給10分の1で1ヶ月って2~3万じゃん。
昔は本人に飛んできたけどね、チョークとか。
先生だってそこまでやるのには、相当ストレスが溜まることをされてたんじゃないの?
最近の子供って、大人が手出しできないことわかってるから、わざと反抗的な態度とったりしてくるからね。
どういう経緯でそうなったのかを明らかにするべき。
出典:ヤフーニュース

不適切な言動のあった30歳代男性教諭が勤める学校はどこ?

それでは、今回報道された、30歳代男性教諭が勤める学校はどこなのでしょうか?

報道によると、男性教諭は県北教育事務所管内の県立高校に勤めているとされています。

調べてみると、岩手県内には6地区の教育事務所があり、生涯学習の推進・学校教育の推進に係る指導や助言、また県費負担教職員の人事管理や給与事務を行っています。県北地区は以下の8市町村が該当します。

二戸市
軽米町
九戸村
一戸町
久慈市
洋野町
野田村
普代村

そのため、今回報道された男性教諭が勤める学校は上記の市町村にあると考えられます。

ストップウォッチを投げつけた30歳代男性教諭のプロフィール

それでは、今回報道されたストップウォッチを投げつけるなど不適切な言動をした30歳代男性教諭について調べてみました。現在明らかになっている情報は下記の通りです。

名前:不明
年齢:30歳代
性別:男性
住所:不明(岩手県北?)
職業:高校教諭
学歴:不明

また、教諭は今年4月にこの学校に赴任したばかりという情報があります。今後、週刊誌やSNSで情報が出回る可能性があるので、新しい情報が入りましたら掲載いたします。

インターネット上ではこのようなコメントが出ています。

まあ、やらなくてもいい部活動の顧問を持たされ、勤務時間も無視して付き合わされ、指導が悪いからと処罰され、一番バカだったのはその教員。勤務時間の観点から見ても、給料の観点から見ても、仕事としてみても、部活動の顧問なんて、持つべきではないね。
生徒側から先生は手出しできないからとちょっかい出してくるケースもある。
それで、先生が怒るといつの間に撮影したのか、その部分だけが動画投稿されて、先生の処分がくだされる。
こういう場合は、しっかり調査しないと、
何が真実なのか、判断を誤ることを念頭に置かないといけない。
出典:ヤフーニュース

岩手県県北30歳代男性教諭の顔写真

話題のニュース編集部で顔写真やプロフィール画像など本人の画像を探してみましたが、
現段階ではどのメディアも報道していませんでした。

 

現在では顔写真はわかりませんでしたが、情報を入手出来次第更新していきたいと思います。

 

岩手県県北30歳代男性教諭のTwitter,Facebook,インスタグラムは?

こちらの方でTwitter,Facebook,インスタグラム上の名前検索を行ったり、該当する情報から調べて特定を試みました。

 

ただ、現状として該当人物に関するTwitter,Facebook,インスタグラムの情報はわかりませんでした。

 

今後、話題のニュースでの調査で分かり次第、追って掲載したいと思います。

ネットの反応

国民
パワハラ?体罰?
そんなのが当たり前に行われていた40年ほど前とは違うんですね。
ストップウォッチが生徒に投げられたのではなく壁っていうのもね。
言い方しだい伝え方しだいでこの顧問は悪者にも熱血教師にもなる。
国民
でもこの教師が、この指導が公にならず、実績積み上げればヒーローのようにドキュメンタリー番組特別枠として紹介され、「ときに厳しい姿も見せる、○○先生。生徒に何が大切かを考えさせる、大事なことです」などと放映されるのでしょう?よく、アスリートが無名チームに指導に行く番組見るけど、アスリートの発言なら許されて、教師が同じこと言ったらたたかれる風潮はマジでおかしいと思う。
国民
教諭にも問題があるけど、生徒にも問題があったんじゃないの?
とはいえ暴言を吐いていいことにはならないけど、もっと細かく調べてくれないと
国民
詳細不明ですが、ストップウォッチを生徒に向かって投げつけなかったところに、今どきの先生の苦悩が垣間見える気がします。暴言には違いないですし擁護は出来ませんけど、生徒を鍛えてやろうとして思わず出てしまった言葉なのでは。
国民

こうやって教師は生徒に対して何も言えなくなる。
何でも許される生徒が育つ。社会に出て通用しない。無職。生活保護。犯罪。こういうパターンも少なくないと思うなぁ。

国民

家で「バカと言われた」「ストップウォッチ投げてた」とか言ったんだろうね。なぜそうなったか経緯を聞けば納得できる面もあったのだろうけど、そもそも指導者と選手の間の信頼関係が希薄だったのでしょう。ありがちな話です。

出典:ヤフーニュース