岩渕幸洋のwiki経歴!足の病気は何?高校や家族,結婚(彼女)は?

波乱続きの東京オリンピックはなんとか閉幕し、次はパラリンピックが開催されます。パラリンピック開幕式で旗手を務めるのは、卓球の岩渕幸洋選手。岩淵幸洋選手は、足に障害を持つパラリンピックの選手でありつつ健常者の実業団チームにも所属している珍しいタイプの選手です。いったいどんな選手なのでしょうか。

岩渕幸洋選手の経歴や足の病気、また家族や彼女についてまとめました。

 

関連記事

2016年に開催された、リオパラリンピックで競泳種目4つで銀メダル獲得した木村敬一選手。その実力から、東京パラリンピックでは金メダルを期待されていますね。また端正な顔立ちをしており、ハーフなのかどうかも気になります。今回は、[…]

関連記事

8月26日に行われたパラリンピックの水泳の決勝にて、初出場の富田宇宙さんが銀メダルを獲得しました。9月3日にも男子100メートルバタフライで銀メタルを獲得しました。富田宇宙さんは視覚障がいの為、途中でレーンを区切るロープにぶつかる場[…]

関連記事

2020東京パラリンピック男子水泳(競泳)で日本勢初の金メダルを獲得した鈴木孝幸選手。自身13年ぶりとなる金メダルでした。フィニッシュ直後には雄たけびを上げ、珍しく喜びを爆発させて注目も集めました。鈴木孝幸選手とは一体どのよ[…]

岩渕幸洋のwiki経歴

名前:岩渕幸洋

生年月日:1994年12月14日

身長:162cm

体重:57kg

出身:東京都練馬区

所属:協和キリン株式会社

 

岩渕幸洋選手は162cm、57kgと少し小柄な感じですね。

卓球は中学1年生のときに部活動で始めたそうですが、そのときには健常者としてプレーしていたそうです。

その後コーチの紹介でパラ卓球に出会いそちらの道に進むこととなります。

2016年にはリオパラリンピックに出場していますが、そのときは緊張しすぎて満足のいくプレーは出来なかったそうです。今回は「金メダル以上を目指す」との意気込みです。

座右の銘は「絶対は絶対にない」。これは戦国武将・織田信長の言葉らしいです。

「『できない』ではなくて、いろいろと工夫して『できる』に変えるのが、障害者スポーツの世界」と語ってらっしゃいます。

この強い意志があればこそ、パラリンピックの旗手を務めるほどの選手になれたのだと感じます。

岩渕幸洋の足の病気とは?

岩渕幸洋選手の病名は「先天性両下肢機能障害」といいます。

股や膝など足にある関節や足の指などに障害を及ぼします。

岩淵幸洋選手の場合は、左足の足首を動かすことが出来ない、右足は関節の可動域が少ない、などの障害が出ています。

左足首が動かせないので、装具をつけて競技されています。

パラリンピックでは足の障害の度合いによってクラス分けされており、数字が高いほど障害は軽いようです。

車いす:クラス1~5、立位:クラス6~10、知的障害:クラス11

岩渕幸洋選手はクラス9なので、比較的障害の軽いクラスですね。

それでも俊敏さを必要とする卓球で左足首が動かないというのは大丈夫なの?と疑問に思いますが、プレーを見たらそんな疑問は吹き飛んでしまいます。

言われなければ障害があるなんて、とても分かりません。

 

 

岩渕幸洋の高校はどこ?

岩渕幸洋選手は、早稲田実業中学校→早稲田実業高校→早稲田大学(教育学部理学科)と早稲田大学系列の学校を卒業されています。

早稲田実業中学校は偏差値65、早稲田実業高校は偏差値75を超える進学校です。

中学1年生で卓球を始め、中学3年生でパラ卓球へ転向。高校3年生のときには国際大会に出場するなど卓球に打ち込んでいたようですが、その一方では学業の成績も優秀だったようです。まさに文武両道ですね!

 

岩渕幸洋の家族(両親)は?

岩渕幸洋選手の家族については詳しい情報はありませんでした。

でも両親がスポーツ好きで卓球の他にもいろいろなスポーツを経験していたそうです。

水泳やスキー、球技など卓球以外にもたくさんスポーツされているようですよ。

小さい頃は自分の足に障害があるとは思っていなかったという岩渕幸洋選手。

足のハンデなんて気にならないくらい身体を動かすのが楽しかったようです。

きっとご両親のおかげでスポーツの楽しさに目覚めたのでしょうね。

岩渕幸洋は結婚してる?彼女は?

岩渕幸洋選手は26歳。結婚していてもおかしくはない年齢ですが、現在は独身のようです。

彼女の存在についてはハッキリとは分かっていません。

が、2020年1月に行われたパラリンピックのPRイベントで彼女の存在を聞かれて「いますね!」と答えられています。

その方とは現在もまだお付き合いされているのでしょうか。公の場で明言されたということは、きっと真剣なお付き合いなのだと思います。

このパラリンピックが落ち着いたら、なにか進展があるでしょうか。楽しみに待とうと思います。

パラリンピック、応援しています!

 

関連記事

2016年に開催された、リオパラリンピックで競泳種目4つで銀メダル獲得した木村敬一選手。その実力から、東京パラリンピックでは金メダルを期待されていますね。また端正な顔立ちをしており、ハーフなのかどうかも気になります。今回は、[…]

関連記事

8月26日に行われたパラリンピックの水泳の決勝にて、初出場の富田宇宙さんが銀メダルを獲得しました。9月3日にも男子100メートルバタフライで銀メタルを獲得しました。富田宇宙さんは視覚障がいの為、途中でレーンを区切るロープにぶつかる場[…]

関連記事

2020東京パラリンピック男子水泳(競泳)で日本勢初の金メダルを獲得した鈴木孝幸選手。自身13年ぶりとなる金メダルでした。フィニッシュ直後には雄たけびを上げ、珍しく喜びを爆発させて注目も集めました。鈴木孝幸選手とは一体どのよ[…]