石田千尋陰陽師の死因の病気は何?現在の画像も調査!

  • 2022年8月1日
  • 2022年8月1日
  • 訃報

「現代の陰陽師」と呼ばれ、数々の番組に出演していた石田千尋さんが亡くなっていたことが8月1日にわかりました。

「祝詞」を唱える怨霊退治を披露していた石田さんは、超常現象ブームを牽引していた人物の一人だったようですね。

石田さんは2021年12月31日に亡くなったようですが、直前にはSNSで体調不良を訴えていたようです。

石田さんは持病があったようですが、病気や死因は何だったのか特定されているのでしょうか。

また石田さんは、2014年頃から数々のトラブルを抱えていたとのことです。

そんな石田さんの現在の画像はあるのでしょうか。

今回は「石田千尋陰陽師の死因の病気は何?現在の画像も調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

石田千尋陰陽師の死因の病気は何?

石田さんの死因や持病の病名は特定されているのでしょうか。

調べてみたところ、石田さんの病気については公表されていないようでした。

しかし、本人のTwitterには12月中旬から

【38・9℃の発熱。辛い。】

【熱は常に高く、肺の機能低下を含め 全てが連動している。喉の上の痰を吐き出しても咳き込む発作が始まり過呼吸と酸欠の発作が始まる。辛い。酸欠が起きない医療サポートが欲しい】

【体調病状悪化で買い物も激変。早く米軍による医療サポートと救助保護が欲しい。肺が機能せず辛い。】

などの投稿がされていました。

発熱などの症状から新型コロナウイルスによる感染症が疑われます。

新型コロナウイルスであった場合、自宅待機(療養)もしくは入院などの措置が取られます。

しかし、石田さんは外出できていたようなので、別の病気の可能性が高いと推測されます。

肺機能低下や息苦しさを訴えており、肺に関わる病気を患っていたのではないかとも考えられます。

また、12月28日には

介護とオムツが必要な生き方に成った‼︎既にオムツ着用。違和感に辟易。交換が恐怖。】

と投稿しており、自身で排泄出来ないほど病状が悪化していたようですね。

 

石田千尋陰陽師の現在の画像?

石田さんの現在の画像はあるのでしょうか。
石田さんは、「胸形千尋」という名前でTwitterアカウントを3つ開設していたようです。
頻繁に更新していたようですが、石田さん自身の画像(写真)は見つけられませんでした。
一時は羽振りの良かった石田さんですが、金銭やお客さんとのトラブルを多く抱えていたようです。
仕事がなく、住む場所もなくなった石田さんをA氏という男性が支援していたとのことです。
表立っての仕事はしていなかったようなので、晩年の画像を見つけるのは難しいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は「石田千尋陰陽師の死因の病気は何?現在の画像も調査!」と題して記事をまとめました。
2021年末に陰陽師の石田千尋さんが亡くなっていたことがわかり話題となっていました。
超常現象ブームを牽引し、一世を風靡した石田さんでしたが数々のトラブルを抱えていたようです。
そんな石田さんの死因や病気は何だったのか気になる人も多かったと思います。
石田さんの持病の病名や死因について、本人のSNSなどで言及されておらず詳しいことはわかりませんでした。
また現在の姿の画像も調べてみましたが、見つかりませんでした。

石田さんは親族などとも関係を絶っており、とても寂しい晩年を過ごしていたようです。

ご冥福をお祈り致します。