石垣陽介裁判官(裁判長)の顔画像|wiki経歴+学歴+年齢

2021年10月1日、教員の残業代に関する裁判でさいたま地裁の裁判長が踏み込んだ発言をしたとして注目されています。

その発言をしたのは石垣陽介裁判長です。

石垣裁判長はどのような発言をして、どのような人物なのでしょうか?

石垣陽介裁判長が教員の給与に関して異例の指摘

朝日新聞は以下のように報道しています。

報道によると…

教員の時間外労働に残業代が支払われないのは違法だとして、埼玉県の公立小学校教員の男性(62)が県に未払い賃金を求めた訴訟の判決で、さいたま地裁(石垣陽介裁判長)は1日、男性の請求を棄却した一方で、判決の「まとめ」で、残業代を支払わない代わりに月給4%分を一律で支給する教職員給与特措法(給特法)について、「もはや教育現場の実情に適合していないのではないか」と異例の指摘をした。教員の働き方改革や給与体系の見直しの必要性にも言及した。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/d3f698a5abb81248256db0cbe9c3ef54ee7d592b

 

上記の報道のように、石垣裁判長は小学校教員の男性の請求を棄却しましたが、「もはや教育現場の実情に適合していないのではないか」と異例の言及をしました。

教育現場では、多くの教育職員が、学校長の職務命令などで一定の時間外勤務に従事せざるを得ない状況で、給料月額4パーセントの割合による教職調整額の支給を定めた給特法は、昨今の教育現場の実情に合っていないのではないかというのが理由です。

ここまで裁判長が踏み込んだ発言をしたのは異例といえ、注目されています。

ネットの反応

国民
いよいよ裁判長も、教員の働き方の「法律がおかしい」と言わざるを得なかったのでしょう。
国民
全国の教員にとって大きな一歩ですね。
国民
残業代が欲しいという声よりも教員本来の業務ではない仕事を減らして欲しいとの声の方が大きいと思っています。
国民
8時間で終わる業務量に戻して欲しい。勤務時間外の部活動や登校指導、蜂の巣の監視などが簡単に無給であるような現状を何とかして欲しいのです。
国民

8時間で終わる業務量に戻して欲しい。勤務時間外の部活動や登校指導、蜂の巣の監視などが簡単に無給であるような現状を何とかして欲しいのです。

国民

裁判長が、違法ではないけど法律が実態に合っていない、実情に合わせて労働環境が良くなることを祈るってまたずいぶんと踏み込んだな。
裁判長が法律がおかしいと言い切ったよなものじゃん。

出典:ヤフーニュース

石垣陽介裁判官(裁判長)の顔画像|wiki経歴+学歴+年齢

今回注目された石垣陽介裁判長とはどのような人物なのでしょうか。
調べたところ、NHKが裁判の様子の中で顔写真を報道していました。

詳細は下記URLからご確認下さい。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211001/k10013286761000.html??utm_int=news-new_contents_latest_002

また、経歴は下記の通りです。

 

生年月日:S38.1.3 (2021年時点で58歳)
出身大学:不明
定年退官発令予定日:R10.1.3

H30.4.1 ~ さいたま地裁5民部総括(労働部)
H27.4.1 ~ H30.3.31 東京高裁19民判事
H24.4.1 ~ H27.3.31 山形地裁民事部部総括
H21.4.1 ~ H24.3.31 東京高裁1民判事
H16.4.1 ~ H21.3.31 静岡地家裁沼津支部判事
H13.4.9 ~ H16.3.31 徳島地家裁判事
H13.4.1 ~ H13.4.8 徳島地家裁判事補
H11.4.1 ~ H13.3.31 東京地裁判事補
H8.4.1 ~ H11.3.31 東京地検検事
H8.3.25 ~ H8.3.31 東京地裁判事補
H5.4.1 ~ H8.3.24 福島地家裁判事補
H3.4.9 ~ H5.3.31 横浜地裁判事補

出典:https://yamanaka-bengoshi.jp/2021/08/09/ishigaki43/

 

詳しい学歴については不明ですが、裁判官になるほどなので優秀な大学を出られているのでしょう。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref