石橋和歩の弁護士は誰?名前と経歴を徹底調査!

2017年に神奈川県・大井町の東名高速であおり運転の末に停止させられた車にトラックが追突して夫婦が死亡した事故で、危険運転致死傷などの罪に問われた石橋和歩被告(30)に対する、差し戻し審の初公判が開かれて注目されています。

危険運転致死傷罪の罪状認否について石橋被告は、「自分は事故になるような危険な運転はしていないし、人がけがをしたり亡くなったりする事故はしていない」と起訴内容を否認。

弁護側も、大型トラックの横暴な運転が事故原因と指摘し、差し戻される前の一審同様、無罪を主張しました。

この内容を受けて、石橋和歩の弁護士も批判が高まっています。

一体、弁護士は誰なのでしょうか?
名前と経歴が気になります。

そこで、「石橋和歩の弁護士は誰?名前と経歴を徹底調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

石橋和歩の弁護士は誰?

今回の裁判で石橋和歩被告を弁護した弁護士は一体誰なのでしょうか?

1月27日の各報道や過去の裁判での報道を調べてみましたが、弁護士が誰なのかについてはどのメディアも明らかにしていません。

いくら弁護士とはいえ、石橋被告の主張を弁護するのは無理があると考えられます。

石橋被告は高速道路で相手を停車させ、危険運転をしていたのは明らかでしょう。

弁護士として推測されるのは、国選弁護人ではないかということです。

国選弁護人とは、刑事事件の場合国が弁護人を付けてくれる制度です。

弁護士を雇うにも高額な報酬が必要なので、石橋被告はこの制度を利用したのではないかとみられます。

また、ネット上ではいわゆる「人権派弁護士」ではないかという推測もされています。

 

石橋和歩の弁護士の名前と経歴は?

今回石橋被告を弁護した弁護士を調べてみると、27日の公判で弁護士は「事故はぶつかった後続の車が原因だ」などと述べ、危険運転致死傷の罪について改めて無罪を主張しています。

2018年に横浜地裁で公判が開かれていた時の記事をさかのぼると、公判後に弁護人が取材に応じていました。

当時の記事では、弁護人は2人とされています。

同被告について「淡々としている」「感情がないような方」と語っり、「自分がどのような言動を取ったら相手がどう思うか、想像力が足りないところがある」部分が、今回の事故を引き起こした要因だという分析もしています。

しかし、当時の報道からも弁護士の名前や経歴については一切触れられていません。

裁判の資料などを確認すれば見ることができるかもしれません。

今後調査を進めて、新しい情報が入り次第掲載いたします。

 

まとめ

今回は、「石橋和歩の弁護士は誰?名前と経歴を徹底調査!」と題して記事にまとめてきました。

2017年に神奈川県・大井町の東名高速であおり運転の末に停止させられた車にトラックが追突して夫婦が死亡した事故で、危険運転致死傷などの罪に問われた石橋和歩被告(30)に対する、差し戻し審の初公判が開かれて注目されています。

危険運転致死傷罪の罪状認否について石橋被告は、「自分は事故になるような危険な運転はしていないし、人がけがをしたり亡くなったりする事故はしていない」と起訴内容を否認。

弁護側も、大型トラックの横暴な運転が事故原因と指摘し、差し戻される前の一審同様、無罪を主張。

「事故はぶつかった後続の車が原因だ」などと述べています。

この内容を受けて、石橋和歩の弁護士に対しても批判が高まっています。

一体、弁護士は誰なのか、名前や経歴を調べてみました。

ただ、今回の報道や過去の報道を見ても、石橋被告の弁護士に関する情報は一切公になっていないことがわかったのです。

しかし、裁判の資料などを見れば確認できる可能性があります。

引き続き調査を進めて、新しい情報が入り次第掲載いたします。