アイリスチトセの危険運転動画!横断歩道追い越し交通違反で炎上!

2022年6月7日にアイリスオーヤマのグループ会社の従業員による道路交通法違反があったとしてネット上で謝罪をし、現在話題となっています。

実際の動画は栃木県で撮影されたもので、SNSにも投稿されており、グループ会社「アイリスチトセ」の社名が入った車が映っていたそうです。

ドライブレコーダーに横断歩道で一時停止した自動車を追い抜いて、横断歩道を通り過ぎていく様子が撮影されていました。

その後、歩行者が横断歩道を渡る様子も動画には収められていましたが、SNS上では危険運転動画だと炎上しています。

横断歩道追い越しは交通違反ですし、社名が入った車でその様なことをするのにも驚きですよね。

そんな今回は「アイリスチトセの危険運転動画!横断歩道追い越し交通違反で炎上!」と題して関連する事柄をまとめていきます。

 

アイリスチトセの危険運転動画!

ここでは実際に、アイリスチトセの社用車で従業員が道路交通法違反をした危険運転動画について見ていきます。

それがこちらです。

見ていただくと良くわかるのですが、歩行者が道路を渡るために一時停止をしている車を

アイリスチトセの名前が入った社用車が追い越し、横断歩道でも止まることなく、通り過ぎていっています。

この動画内では、他の後続車2台も追い越しており、「免許を取得しておきながら、本当にあり得ないことをしているな」というのが率直な感想です。

次の見出しでは、その追い越し交通違反の炎上についてもっと詳しく調査をしていきます。

 

アイリスチトセが横断歩道追い越し交通違反で炎上!

前見出しでもお伝えしたようにここからはアイリスチトセが横断歩道追い越しの交通違反で炎上している事についてまとめていきます。

まずそもそもの話ですが、歩行者がいる横断歩道では一時停止をするというのが道路交通法で決まりとなっています。

横断歩道や自転車の横断帯の近くでは、横断する人や自転車がいないこと以外は、その手前で停止できるように進まないといけません。

また、歩行者や自転車が横断する時や、横断しようとしているときは、横断歩道や自転車横断帯の手前で一時停止して道を譲らなければなりません。

同様の交通違反などで死亡事故が起きたりもしているため、これだけの事で?と思う方も居るかもしれませんが、ダメなものはダメです。

さらに、この社用車が追い越ししているのは側道では無く路肩のため、道路交通法に関して、何も知らないのなら免許を返した方が良いくらいです。

実際に交通違反をしたアイリスチトセに代わり、アイリスオーヤマが謝罪をしていますが、従業員に厳重注意と指導程度で済まされています。

このことに関してSNS上では炎上し、「こんな危険行為をしておきながら、厳重注意なんて甘い」や「警察署に動画持って行ったのか?」。

という怒りの声があちこちで上がっています。

 

まとめ

怒りの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

今回は、「アイリスチトセの危険運転動画!横断歩道追い越し交通違反で炎上!」と題して記事をまとめていきました。

実際にアイリスチトセの従業員がした横断歩道追い越しの危険運転動画をみていきましたが、これは炎上しても当然でしょう。

交通違反というだけで終わればまだいいですが、今回の危険運転動画に映っていた映像を見る限り、極めて悪質なものでした。

このような運転をした従業員はすぐにでも警察へ出頭して罪を認めるべきだと思いますが、上長の判断は違うという事なのでしょうね。

全国各地でも同様の目撃情報が多数上がっていますが、軽い違反という風にみられておられるのではないでしょうか。

今後アイリスチトセがどのような処分を下すのかはわかりませんが、このような運転をする者は、車に乗らないでいただきたいですね。