インタレスティングたけしのどもりは吃音?障害や病気なのかを調査!

2022年8月1日にNPO法人の日本吃音協会が、TBSのバラエティー番組の放送内容について、抗議文を送ったことで話題になっています。

水曜日のダウンタウンで、説教早帰らせ選手権という企画があり、インタレスティングたけしさんのどもりについて、現在注目されています。

ネット上では放送を見た視聴者から、どもりは吃音?という噂が上がっているようです。

インタレスティングたけしさんのどもりは障害や病気?と気になっている方も多いですよね。

そこで今回は、「インタレスティングたけしのどもりは吃音?障害や病気なのかを調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

インタレスティングたけしのどもりは吃音?

まずはじめに、インタレスティングたけしさんのどもりは吃音?という噂について詳しく調査をしていきます。

インタレスティングたけしさんは2005年にデビューをした地下芸人の方で、映画監督やバンドのメンバーとしてもご活躍されています。

さて本題である、インタレスティングたけしさんのどもりは吃音という噂について詳しく見ていく事とします。

ちなみにここで言っている吃音(きつおん)とは、話す時に最初の一音に詰まってしまうなどの、言葉が滑らかに出てこない症状を指しています。

この回のインタレスティングたけしさんは、喋る際に音や語の一部を繰り返していました。

その放送をみた視聴者が吃音の症状と似ていると思い、噂になり始めたのだと思われます。

実は、インタレスティングたけしさん本人が自身のインスタで吃音、どもり、とタグ付けをしていたそうです。

公表はしていないようですが、ご本人もタグ付けをされていたようですので、間違いないのかもしれませんね。

 

 

インタレスティングたけしのどもりは障害や病気?

ここからは、インタレスティングたけしさんのどもりは障害や病気?という疑問についても詳しく見ていきましょう。

NPO法人日本吃音協会がTBSに抗議文を出したのは、吃音者に対する差別や偏見を助長するものだと言い切っていました。

しかしその件に対してインタレスティングたけしさんは、またテレビジョン出たいと引用で返信をしています。

これはつまり、インタレスティングたけしさんは吃音という障害を持っているという事を認めているようにも思えますね。

通常であればハンディキャップとなることでも自らの個性に変えてしまった事で、結果として芸人たちが憧れる番組へも出演を果たしています。

確かに、吃音で悩んでいる人からすると不快に思われる方も居るかもしれません。

ですが、インタレスティングたけしさんのようにテレビや多方面で活躍している姿を見ることで、前向きになれるという人も当然居るでしょう。

結果としては、あくまで推測ではありますが、インタレスティングたけしさんのどもりは障害になるのではないでしょうか。

NPO法人日本吃音協会としては、インタレスティングたけしさんを擁護しようと思ったのかもしれませんが、かえって裏目に出てしまったようです。

この一件によって吃音だからと言ってテレビに出演できなくなれば仕事が激減してしまうかもしれません。

視聴者としても差別の意味で笑っていたわけではなく、共演した芸人との掛け合いに笑っていたとの声が多いです。

日本吃音協会は大バッシングを受けることとなってしまいましたが、次はこのようなことが無いようにして頂きたいですね。

 

 

まとめ

今回は、「インタレスティングたけしのどもりは吃音?障害や病気なのかを調査!」と題して記事をまとめていきました。

水曜日のダウンタウンの放送内容によって日本吃音協会からTBSに抗議文が送られ、そこに出演をしていた、インタレスティングたけしさん。

この記事では、そんなインタレスティングたけしさんのどもりは吃音なのか?まずはじめに調査をしていきました。

結果としては本人は公表していないものの、インスタのタグ付けをしていたとの目撃情報もあるという事が分かりました。

そして、インタレスティングたけしさん本人が日本吃音協会の抗議文に対して、「またテレビジョン出たい」と引用してツイートをしていました。

そこに対して真向から向かっていっている姿勢などを見ても、恐らく病気や障害を背負って生きてきたのではないかとの推測が出来ます。

吃音だからという差別ではなく、芸人としての面白さのために個性を生かしているインタレスティングたけしさんは素晴らしいと思います。

これからも抗議文などに屈することなく、テレビに出て活躍する姿を見ていたいですね。