今成泰章(スカウト)のwiki経歴は?出身高校や大学はどこ?

2022年3月3日、日本ハムはチーム統括本部スカウトの今成泰章さんが2日午後8時35分、劇症型溶血性レンサ球菌感染症のため、埼玉県朝霞市内の病院で死去したことを発表しました。

息子には日本ハム、阪神で活躍した現野球解説者の今成亮太さんがいます。

今成泰章(スカウト)のwiki経歴はどうなっているのでしょうか。

出身高校や大学はどこなのかについても徹底調査していこうと思います。

そこでこの記事では「今成泰章(スカウト)のwiki経歴は?出身高校や大学はどこ?」と題してまとめていきます。

 

今成泰章(スカウト)のwiki経歴は?

今成泰章(スカウト)のwiki経歴はどうなっているのでしょうか。

調べてみたところ、以下のようなことが分かりました。

  • 1978年にプロ未経験ながら阪神でスカウト人生をスタート。
  • 中西清起、和田豊らを発掘し、チーフスカウトも務めた。
  • 2003年からは日本ハムへ移籍。
  • ダルビッシュ有や大谷翔平の担当スカウトを務める。

プロ未経験でスカウトを行うなんて凄いですね。

特に日ハムではダルビッシュ有や大谷翔平などトップクラスの選手をスカウトしているので、相当日ハムには貢献していたことは明白です。

66歳という若さで亡くなってはしまったことは非常に残念ですが、これまでの輝かしい功績には感謝しかないですね。

私もプロ野球ファンの1人なので、この報道を知った時は、思わずビックリしてしまいました。

 

今成泰章(スカウト)の出身高校や大学はどこ?

今成泰章(スカウト)の出身高校や大学はどこなのでしょうか。

調べてみたところ、出身高校や大学についての情報はどこにも見当たりませんでした。

もしかしたら今後何らかの形で判明するかもしれませんが、果たして分かる日は来るのでしょうか。

また年齢が66歳ということもあり、もしかすると高校や大学には進学していないのかもしれません。

しかし、プロ野球のスカウトをするくらいなので学生時代に野球をやっていた可能性は十分に考えられます。

息子さんの今成亮太さんも日ハム、阪神で勝負強い活躍していたので、今成家の野球センスは物凄いものがありますね。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「今成泰章(スカウト)のwiki経歴は?出身高校や大学はどこ?」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめると、今成泰章(スカウト)のwiki経歴はある程度は判明しています。

また出身高校や大学はどこなのかについても徹底調査しましたが、両方とも手がかりとなる情報が少ないため、特定まではできませんでした。

プロ野球に多大な貢献をしてくださった今成泰章さんには、感謝しかありませんし、今季の日ハムの活躍には特に注目していきたいと思います。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。