銀座「いきなり!ステーキ」1号店閉店 「味の割にコスパ悪い」

不採算のため2021年3月末で閉店

報道によると…

ステーキ専門店「いきなり!ステーキ」の第一号店が、不採算のため2021年3月末で閉店する。
幕を下ろすのは、2013年12月開店の銀座四丁目店(東京都中央区)。いきなり!ステーキの開業一号店だ。3月22日に店の公式サイトなどで発表された。
創業の地ともいえる銀座では、最盛期には「銀座インズ店」「銀座六丁目店」「銀座四丁目店」の3店舗を構えていたが、来月以降はいずれも姿を消すことになった。

出典:J-CASTニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/92d0fae4572eb4a5b928418d8767866971217bbe

いきなりステーキ閉店に対する国民の声

国民の声閉店理由を「不採算店舗であるため」、企業ならば当たり前の事だろう。ただ、どこのいきなりも空いているけど、大丈夫なのかな。

国民の声:まあ、誰がどう見ても調子こいてたって事だろうね。味や態度もだけど、経営者の責任は大きいだろうなあ。良い時ほど頭を下げて、低姿勢でやるのが経営のコツかと。

国民の声1,2回行ったけど、それ以降は無かった。大多数がそうなのでは?そういうお店だったということでしょう。

国民の声:開店当初は行列でしたが今は誰も食べてないですね。イオンのフードコートでこれだと相当厳しいでしょうね。結局リピートを取れなかったのはコスパの悪さでしょう。

国民の声:昼食にしては高い、高いものを食べるならちゃんとお金を出してゆっくりと食べたい。私の感想はこれでした。

国民の声:味の割にはコスパが悪い。肉はしっかりと良く焼いて欲しいのに、表面しか焼けていないから、「ある程度焼いて欲しい」と、注文の際に連絡したら、「いやそれはできない。あとは食べている途中で言ってください」って。しかもそれを、焼いているところにもっていかないと行けず、お金を出しているのにそれは無いだろうと思った。

出典:ヤフーニュース

Twitterの反応

編集部より一言

このビジネス、都心の単身者狙いならかろうじて生き残るかなと思っていましたが、銀座も全部閉店ですか..。ファミリー層にはコスパが悪く長く滞在できないから不向きなので、郊外店舗はもっと大変でしょう。

「いきなり!ステーキ」1号店
話題のニュースの最新情報をチェック!