池袋殺人事件のホテルはどこ?犯人の名前や顔画像は?

2022年7月11日の午前4時15分頃に東京都豊島区池袋の交番に30代の男が人を殺したと出頭したことで、現在話題となっています。

警察官が男の話を聞いた後に、同区池袋のホテルに駆けつけたところ室内の浴室で10~20歳代とみられる女性が亡くなっていたそうです。

ネット上では、池袋で起こったこの殺人事件のホテルはどこなのかについて、気になっている方が非常に多いようです。

池袋殺人事件の犯人の名前や顔画像についても、皆さん知りたいと思いますよね。

そこで今回は、「池袋殺人事件のホテルはどこ?犯人の名前や顔画像は?」と題して記事をまとめていきます。

 

池袋殺人事件のホテルはどこ?

まずはじめに、池袋で実際に殺人事件の起こったホテルはどこなのか?詳しく調査をしていきます。

ネット上で関連の事柄を調査していくと、ある有力な情報を入手することが出来ました。

それは、実際に殺人事件の起こったホテルの付近にバリバリというラブホテルがある、という情報です。

現場はJR池袋駅から北西におよそ500m離れたホテルや飲食店などが建ち並んでいる地域になるため、今度は地図上で見ていく事とします。

 

ピン差ししてある場所がバリバリというラブホテルにはなるのですが、実際には公表されていないため、断定は出来ません。

ですが、近くを通りかかった通行人などがバリバリ付近に警察官が立っていたという証言と、ラブホテルという点は一致します。

恐らくこれで間違いない気もしますが、今回は建物の外観や詳細の掲載は控えさせていただきます。

 

池袋殺人事件の犯人の名前や顔画像は?

次に池袋殺人事件の犯人の名前や顔画像についても、詳しく調査していきます。

ここでは、ネット上やSNSなどを使って池袋殺人事件に関連してるであろう情報を細かく調べていく事にします。

現段階では、容疑者に関してわかっていることは30代の男という特徴のみで顔画像に関しては公表されていないようです。

事件が発生した場所的にも男女間のトラブルなのではと言われていますが、以前にも池袋では同様の殺人事件が多発しています。

考えられる事としては、援助交際やパパ活と言われる行為、もしくは風俗嬢とのトラブルだという可能性も考えられます。

ですが、事件内容としては未だ何も公表されていないため、ここではあくまで推測という形で書かせて頂きます。

承認欲求を満たしたい女性や、お金に目が眩む女性が手を出してしまうと言われているパパ活。

この行為に関しては異性と二人で会うため、身の危険が及ぶ可能性も考えられます。

当事者たちからすると、そんなこと言わないで欲しいという方も居るかもしれませんが、これが現状です。

パパ活という行為は未成年の被害も続出しており、成人しており、尚且つ肉体関係でもなければ刑事罰には問われませんが、未成年の場合は違います。

未成年が成人だと装ってそのような関係になり、相手側の男が逮捕されるなどの事案も起こっています。

であれば、最初から男女どちらも全うな手段で稼ぐべきですし、そんな身の危険というリスクを負ってまですることではないと思います。

 

まとめ

今回は、「池袋殺人事件のホテルはどこ?犯人の名前や顔画像は?」と題して記事をまとめていきました。

東京都豊島区池袋のラブホテル浴室にて起こってしまい、その事件によって、10~20代と思われる女性が亡くなってしまいました。

この記事では、池袋殺人事件の起こったホテルがどこなのか、犯人の名前や顔画像についても調査をしていきました。

結果としては、断定は出来ていませんがラブホテルであるバリバリ、又は近辺のホテルが怪しいのではという事がわかりました。

犯人の名前や顔画像については、報道でも一切公表されておらず、未だ謎に包まれたままとなっています。

この話題に関しては、今後また新たな情報が手に入る可能性があるため、引き続き調査を続けていこうと思っています。