一文字弥太郎がコロナで死去?本名や年齢と顔画像を徹底調査!

2022年2月19日、広島のローカルタレントとして知られる一文字弥太郎氏が死去したことが報じられて話題となっています。

一体、死因はコロナだったのでしょうか。

また、本名や年齢、顔画像が気になりますね。

そこで、「一文字弥太郎がコロナで死去?本名や年齢と顔画像を徹底調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

一文字弥太郎がコロナで死去?

一文字弥太郎さんが亡くなったことについて、本人がパーソナリティを務めるラジオ番組「週末ナチュラリスト」で発表がありました。

報道によると、一文字弥太郎さんの死因はコロナウイルスによるものだったことがわかりました。

そこで、一文字弥太郎さんの体調面を調べてみると、2022年1月12日に体調が悪化して、直後にコロナに感染して入院していたことがわかりました。

最後にツイートしたのが1月12日で、それを最後に途絶えていました。

一文字弥太郎さん、このtweetを最後にコロナ療養に入られ、御本人からのメッセージが無くなってしまった。 コロナは人によっては、単なる風邪じゃないよ。 合掌😭 pic.twitter.com/WqRJITa0yC — taron (@taron1286) February 18, 2022

連絡がとれないほど重症だったことが推測されます。

ただ、今のところ一文字さんが基礎疾患や持病があったのかどうかについて詳しいことはわかっていません。

 

一文字弥太郎の本名や年齢と顔画像は?

今回訃報が伝わって話題となって言える一文字さんですが、どのような人物なのでしょうか。

一文字弥太郎さんの素顔について調べてみても、顔は覆面になっていて公開されたことは一度もないようです。

また、プロフィールについても伏せられていて、本名や年齢についても一切公になっていないようです。

ただ、過去のツイートを探してみると誕生日は3月17日であることがわかりました。

本人はFacebookも利用していますが、素性に関する情報は以下の情報以外はわかっていません。

出身地:広島県三原市
居住地:広島県広島市
高校:三原東高校
大学:京都産業大学

一文字さんの交友関係をみてみると、35年も交流を続けているとみられる人がいました。

ただ、35年も交流があったということを考えるとある程度高齢だったのかもしれません。

ちなみに、背丈は小柄であったようです。

 

一文字弥太郎の本名は名切勝則

その後一文字さんについて調べていると、本名は「名切勝則」という名前であることがわかりました。

自身の素性を伏せて活動していましたが、あるインタビューで初めて「名切勝則」であることが明かされていました。

そのインタビュー内容はこちらです。

起業するなら「広島」にいらっしゃい!

一文字弥太郎は会社を経営していた?

上記のように、一文字弥太郎さんの本名が「名切勝則」であることが判明しました。

そこで、「名切勝則」さんについて調べてみると、「株式会社一文字屋」という会社の代表取締役で同姓同名の人物がいました。

事業内容がテレビ・ラジオの企画、台本製作映画・インターネットコンテンツの製作・飲食店営業となっています。

また、社名に「一文字」と入っていることから、同一人物であることがわかります。

株式会社一文字屋を調べてみると、広島・横川にある「イリガン珈琲店」という喫茶店を経営しているようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「一文字弥太郎がコロナで死去?本名や年齢と顔画像を徹底調査!」と題して記事にまとめてきました。

2022年2月19日、広島のローカルタレントとして知られる一文字弥太郎氏が死去したことが報じられて話題となっています。

調べてみると、死因はコロナだったようです。

また、本名や年齢、顔画像も調べてみましたが、これらの情報は一切公にはなっていないようです。

ただ、年齢はある程度高齢であったことがわかりました。

ご冥福をお祈りいたします。