北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子の名前特定は?責任はどうなる?

2022年9月18日に北海道森町で発生したゴーカート事故により意識不明の重体になっていた2才の男児が19日午前に死亡しました。

この事故は、宿泊施設で開かれていたモータースポーツを体験できるイベント中に発生したもので、11歳の女の子が運転するゴーカートが観客に突っ込んだ事案となっています。

そこで、今回の事故の加害者となった11歳の女の子の名前が特定されているのか気になる人が多いでしょう。

また、責任の所在はどうなるのかも気になりますね。

そこで、今回は「北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子の名前特定は?責任はどうなる?」と題して、記事をまとめていきます。

 

北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子の名前特定は?

加害者の11歳の女の子の名前は特定されているのでしょうか。

調査した結果、名前は特定されているという旨を書いた記事があるそうです。

しかし、あまりに証拠が不十分でサーチして見てもそのような記事は見当たらなかったことから考えるにデマである可能性が高いです。

よって、名前はまだ特定されていないと言って差し支えないと思います。

今回の事故は100%女の子に落ち度があるとは言えませんので、仮に名前が特定されましても、誹謗中傷などはお控えいただきますようお願いいたします。

関連記事

3連休ということで、屋外レジャーを楽しむ人も多いかと思います。ところがその楽しいはずのレジャーで、痛ましい事故が起きてしまいました。事故が起きたのは、18日の午前11時45分頃。場所は北海道森町のグリーンピア大沼です[…]

 

北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子の責任はどうなる?

事故の加害者の11歳女の子の責任はどうなるのでしょうか。

結論を言いますと、イベント運営サイドに大きな責任がかかると思われます。

SNS上でも「イベント運営の責任」という意見が多く、女の子の責任は少ないという見解が多いようです。

女の子が加害者というのは紛れもない事実ですが、女の子はまだ11歳という責任能力が未熟な年齢です。

そのため多くの責任を負うのはカートの運転を許した運営になるというのは間違いないでしょうね。

コースの所々にバリケードがなかったり、40キロ以上でるカートに11歳の子供を1人で乗車させたりといった点からも、起こるべくして起こった事故だと考えても大袈裟ではありません。

運営の危機管理意識が低すぎると思われます。

運営サイドはもう少し安全に対して配慮するべきだったと批判されても仕方ないですね。

よって、女の子の責任は少なく、運営側に大きな責任があるという結論になるかと思われます。

関連記事

家族連れが楽しむイベントで、心が痛む事故が起きてしまいました。事故が起きたのは9月18日正午頃。北海道の森町にあるグリーンピア大沼に設置されたイベント会場で、11歳の女の子が運転するゴーカートがコースアウトし、周りにいた見物[…]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子の名前特定は?責任はどうなる?」と題して記事をまとめました。

北海道森町の宿泊施設で開かれていたモータースポーツを体験できるイベント中に発生した事故により意識不明の重体になっていた2才の男児が19日午前に死亡しました。

今回の事故は11歳の女の子が運転するゴーカートが観客に突っ込んだ事案となっています。

11歳の女の子の名前は特定されているという旨を書いた記事があるそうですが、あまりに証拠が不十分でサーチして見てもそのような記事は見当たらなかったことから考えるにデマである可能性が高いです。

よって、名前はまだ特定されていないと言って差し支えないと思います。

今回の事故はイベント運営サイドに大きな責任がかかると思われます。

SNS上でも「イベント運営の責任」という意見が多く、女の子の責任は少ないという見解が多いようです。

責任能力が未熟な年齢の11歳の子供に40キロ以上でるカートの運転を許した、コースの所々にバリケードがなかった点を踏まえると多くの責任は運営にあるというのは間違いないでしょう。

運営サイドはもう少し安全に対して配慮するべきだったと批判されても仕方ないですね。