大阪市日立物流放火の派遣社員19歳少年は誰?名前と顔画像特定は?

2022年1月15日、2021年11月に大阪市此花区で発生した大規模な物流倉庫の火事で、警察が派遣社員の19歳の少年が逮捕されたと報じられて話題となっています。

逮捕されたのは倉庫に出入りしていた派遣社員の19歳の少年だといいます。

この火災をめぐっては、2021年11月29日、大阪市此花区の舞洲にある「日立物流西日本」の倉庫から出火。

発生から5日後に消し止められるという大規模な火災となっていました。

一体、放火したとみられている19歳少年は誰なのでしょうか?
名前と顔画像は特定されているのでしょうか?

そこで、「大阪市日立物流放火の19歳少年は誰?名前と顔画像特定は?」と題して記事にまとめていきます。

 

大阪市日立物流放火の派遣社員19歳少年は誰?

今回逮捕状が出されたのは、派遣社員の19歳の少年だと報じられています。

報道の時点ではまだ逮捕されておらず、警察が逮捕の方針を固めたという段階です。

この少年がどのような人物なのか気になりますが、少年は19歳です。

現時点でわかっているのはこの少年が「派遣社員」であり、倉庫に出入りしていたということです。

19歳少年が逮捕される

その後の報道で、19歳の少年は逮捕されたということがわかりました。

火災当時は倉庫で働いていて、「ターボライターで火を付けた」と容疑を認めているといいます。

 

同僚から暴行を受けていた

逮捕された少年は、「同僚から暴行を受けて一緒に働きたくなかったので火を付けた」と供述しているということが新たに分かりました。

同僚から暴行を受けていたこと自体は暴力事件であり、同情の余地があります。

しかし、暴行を受けていたから放火をしていいというわけにはならないでしょう。

少年が犯したのは決して許されるものではなく、法律に則って厳罰に処されるべきだと考えられます。

 

大阪市日立物流放火の派遣社員19歳少年の名前と顔画像特定は?

一体、この少年の名前や顔画像は特定されているのでしょうか。

しかし、未成年であり少年法で守られているため、名前や顔画像が公開されることは難しいと思われます。

唯一ヒントになるのは、内部からのリーク情報ということになると思われます。

火災を受けて内部でも調査が進められたということなので、何らかの不審な動きに気づいた人は多いのではないでしょうか。

今後SNSや匿名掲示板で書き込みがあるかもしれないので、注視していきたいと思います。

 

大阪市日立物流放火の派遣社員19歳少年の動機は?

大阪市では2021年12月にビルの火災もあるなど、放火事件が相次いでいますね。

大阪市のビル火災の犯人の動機は何らかの恨みだと推測されていますが、今回の少年の動機は何なのでしょうか。

逮捕前なので詳しい動機はまだ報じられていませんが、大阪市ビル火災のように放火をする犯人は恨みや復讐心を募らせて犯行におよぶことが多いとみられます。

この少年も会社との間で何らかのトラブルがあり、恨みを募らせていたのかもしれません。

ただ、いくら19歳とはいえ会社に放火するとは短絡的すぎますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「大阪市日立物流放火の19歳少年は誰?名前と顔画像特定は?」と題して記事にまとめてきました。

2022年1月15日、2021年11月に大阪市此花区で発生した大規模な物流倉庫の火事で、警察が派遣社員の19歳の少年が逮捕されたと報じられて話題となっています。

逮捕されたのは倉庫に出入りしていた派遣社員の19歳の少年です。

この火災をめぐっては、2021年11月29日、大阪市此花区の舞洲にある「日立物流西日本」の倉庫から出火。

発生から5日後に消し止められるという大規模な火災となっていました。

一体、放火したとみられている19歳少年は誰なのか、名前と顔画像は特定されているのかを調べてみました。

少年は火災当時は倉庫で働いていて、、「ターボライターで火を付けた」と容疑を認めています。

ただ、名前や顔画像などの素性は未成年ということもあり明らかになっておらず、今後も明らかになるのはリーク情報に頼らない限り難しいと思われます。