悠仁様の学力は低い?筑波大附属に落ちたらどうなる?

秋篠宮家の長男で皇位継承順位2位の悠仁様が、筑波大学附属高等学校の入学試験に臨まれています。

悠仁様が筑波大学附属高等学校に合格できるのか、ネット上では色んな意見が飛び交っています。

悠仁様の学力が低いという噂は本当なのでしょうか。

筑波大附属に落ちたらどうなるのでしょうか。

そこでこの記事では「悠仁様の学力は低い?筑波大附属に落ちたらどうなる?」と題してまとめていきます。

 

悠仁様の学力は低い?

悠仁様の学力は低いのかどうかについてですが、決して低いというわけではありません。

悠仁様の出身中学はお茶の水女子大学附属中学校で男子の偏差値は53です。

そして今回受験をする筑波大学附属高校の偏差値は67です

中学校よりも14も偏差値が高いので、これだけ見るとかなりレベルの高い高校を進学しようとしていることが分かります。

そのためネット上では悠仁様ってそんなに頭がいいの?という意見がある一方で、中学校の偏差値低いんだから無謀な挑戦でしょ!、思っていたよりも頭良くなかったんだという声が複数投稿されています。

世間的には皇位継承順位2位の人間としては期待外れのような印象を抱いている方が多いようです。

しかし、筑波大学附属高校は書類審査などがメインの特別入試というものがあるので、必ずしも学力だけで勝負するというわけではないようです。

今は受験シーズンなので色々騒がれていますが、合格してしまえばこの騒ぎも治まることでしょう。

 

悠仁様が筑波大附属に落ちたらどうなる?

悠仁様が筑波大附属高校に落ちたらどうなるのかですが、噂では慶応や早稲田に進学するのではないかと言われています。

筑波大附属高校には、ほぼ受かると言われているので受験に失敗する確率はかなり低いように思われます。

やっぱり皇族などが受験する場合は、一般人とは違った審査や評価があるのでしょうか。

今までこういった受験や就職などで散々言われてきていたので、表には出てこないですが何か特権や待遇があるのでしょうか。

世間的には色んなことを言われていますが、悠仁様本人は受験に向けて日々努力しているようなので無事に第一志望校に合格できると良いですね。

皇位継承順位2位ともなると、学力面ではかなりシビアに見られてしまいますので、何をするにしても大変ですね。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「悠仁様の学力は低い?筑波大附属に落ちたらどうなる?」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめると悠仁様の学力は低いと決定づけるような証拠はなかったので断言はできません。

また筑波大附属に落ちたらどうなるのかに関してですが、噂では慶応や早稲田に進学するという情報が出回っているようです。

筑波大附属高校に合格できる可能性はかなり高いようなので、あまりネットの情報を鵜呑みにしない方がよさそうですね。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。