悠仁さまの作文全文は?パクリの内容を徹底調査!

中学3年生になられた秋篠宮家の長男悠仁さま。

2021年中学2年生のときにコンクールに応募された作品が、佳作に選ばれ表彰されましたよね。

しかしその作文の内容が、悠仁さまが応募される前に提出されていた作文と内容が酷似していたと話題になっています。

今年中学3年生になられ、筑波大学付属高校を受験し見事合格されたことで更に注目が集まっているようですね。

今回は「悠仁さまの作文全文は?パクリの内容を徹底調査!」と題して、記事をまとめていきます。

悠仁さまが書かれた作文全文を確認し、本当にパクリなの内容を徹底的に調査していきますよ。

 

悠仁さまの作文全文は?

話題になった作文とは、2021年に福岡県北九州市が主催した「こどもノンフィクション文学賞」というコンクールの出品されました。

タイトルは「小笠原諸島を訪ねて」となっていて、2017年に母・紀子さまと小笠原諸島を旅行された時の体験を作文にされています。

400字詰め原稿用紙19枚分の大作でした。

悠仁さまの作文は、北九州市立文学館のホームページから読むことができますよ。

 

悠仁さまの作文のパクリの内容は?

悠仁さまが書かれた作文のどの部分がパクリだと言われているのか、一例を紹介します。

悠仁さまは作文の中で

「サンゴ礁は、海の中で最も多くの生き物がすむと言われるとともに、漁業が営まれ、人々に食糧を提供しています。また、サンゴ礁が育つ海は美しく、旅行者を引きつける観光資源でもあります。」

と表現しています。

この内容が、国立環境研究所のホームページに掲載されている内容とかなり似ているのです。

 

なぜパクリだと言われる?

悠仁さまの作文の中には、文献やホームページを調べた内容をそのまま自分の言葉として書いてしまったことが、パクリだと言われている原因だと思われます。

通常は引用文献を記載し、文献の内容を本文に載せますが、悠仁さまは通常の引用方法を使用しなかったことが今回の話題のきっかけになったのでしょう。

宮内庁は引用文献の記載が十分ではなかったと認めていますね。

まとめ

今回は「悠仁さまの作文全文は?パクリの内容を徹底調査!」と題して、記事をまとめてきました。

悠仁さまがコンクールに応募され佳作を受賞した作文が、パクリではないかと話題になりました。

作文の全文は、北九州市立文学館のホームページで読むことができます。

パクリの内容は、悠仁さまが文献やホームページを記載しないまま文章を写してしまったことで発生したものと思われます。

中学生で大人顔負けの文章力を持つ悠仁さま。

引用を適切に使用して、今後も印象に残る作文を書いてほしいですね。