広田思乃(馬術)のwiki経歴!結婚,夫は誰?那須トレーニングファームも運営

皆さん、障がい馬術というものを知っていますか?馬がハードルなどの障がい物を軽々飛び越えていく、障がい物競走の馬バージョンです。その障がい馬術で日本トップクラスを誇るのが、広田思乃さんです。障がい馬術で活躍するほか、社会福祉士としての一面も持ってらっしゃいます。そして7月20日の関西テレビ「セブンルール」に出演します。今回は、その広田思乃さんの経歴や家族構成、障がい馬術の成績など調べてみました。

広田思乃さんのwiki風プロフィール

名前:広田思乃
生年月日:1983年9月1日
出身:秋田県
所属:那須トレーニングファーム
職業:社会福祉士

広田思乃さんが馬術を始めたのは高校生のとき。高校に馬術部があったのがきっかけのようです。そして2018年の障がい馬術では全日本チャンピオンという輝かしい成績を収めました。
現在は、那須トレーニングファームにて社会福祉士としてホースセラピーを実施。
ホースセラピーとは、馬とのふれあいを通して精神的・身体的な機能を向上させるもの。
障がい馬術だけでなくホースセラピーや乗馬教室など、幅広い活躍です。
本当に馬が好きなんだなと感じます。

広田思乃さんの馬術の成績は?

広田思乃さんの馬術の成績もすごいんです!
2001年、高校3年生のとき宮城国体で優勝。
その後、2010年と2011年にはJRAホースショーグランプリ大障害2年連続優勝。
また千葉国体や山口国体でも優勝されています。
それから子育て期間を経て、2018年に再び優勝を果たします。
2019年には、オリンピックで唯一の男女混合競技「障がい馬術」で、アジア人女性初のワールドカップ決勝進出という快挙を成し遂げました。

ただ、東京オリンピックへの進出も目指していましたが残念ながら選考に漏れてしまいました。非常に悔しかったでしょうね。

広田思乃さんは結婚してる?夫は誰?

広田思乃さんは、夫と息子の3人家族。
家族で那須トレーニングファームを経営されています。
夫は、同じく障がい馬術の選手で2000年シドニーオリンピックの出場者の広田龍馬さん。
こちらも日本トップクラスの障がい馬術選手ですね!
息子の広田大和さんは高校生で、同じく障がい馬術の選手です。
2020年の全日本障がい馬術の年代別で優勝する実力者で、現在大注目の馬術界期待の新星です。
家族そろって全日本優勝を果たしています。家族で馬術を極めている感じで、すごいですね!

広田思乃さんは那須トレーニングファームを運営

広田思乃さんは旦那さんと一緒に、那須トレーニングファームを運営しています。
那須トレーニングファームで出来ることは、乗馬ライセンスの取得や障がい飛越レッスン、そして乗馬体験などです。
料金は、乗馬ライセンスの取得なら難易度に応じて7,000円~90,000円となっています。
障がい飛越レッスンは13,000円~90,000円。乗馬体験は3,000円~44,000円と様々です。会員になると割引もあるので、通う頻度や難易度に応じて選ぶと良いですね。
また、小学校4年生から高校3年生までを対象とした乗馬スポーツ少年団の活動もあります。

まとめ

広田思乃さんは、母であり、那須トレーニングファームの経営者であり、ホースセラピーを行う社会福祉士であり、日本を代表するトップクラスの障がい馬術選手でもあります。
ひとつひとつの活動を見ても、どれも手を抜くことなく真摯に取り組んでらっしゃるのが分かります。そこに共通するのは「馬が好き」ということでしょうか。
「馬というのは競技スポーツというだけでなく、癒やしをくれるパートナー」という広田思乃さん。今後の活躍がますます楽しみですね。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref