広瀬爽彩さん検案書の誤った病名(精神疾病)は何?原因は警察の圧力?

北海道旭川市で北星中学校2年の広瀬爽彩さんがいじめで亡くなった問題で、広瀬さんの死体検案書の「死亡の原因」欄に、当時かかっていなかった精神疾患の病名が記入されていたことがわかり話題となっています。一体この病名は何で、何が原因で書かれたのでしょうか?

検案書に当時かかっていなかった精神疾患の病名

報道によると…

北海道旭川市で3月、中学2年広瀬爽彩さん(14)が凍死しているのが見つかり、背景にいじめがあった疑いがある問題で、広瀬さんの死体検案書の「死亡の原因」欄に、当時かかっていなかった精神疾患の病名が記入されていたことが20日、関係者への取材で分かった。服用していた薬から推測した誤った病名を道警が医師に伝えたとみられる。遺族の指摘を受け、後に訂正された。

厚生労働省は死体検案書に客観的事実の正確な記入を求めている。厚労省の担当者は一般論として「警察が言ったから(そのまま)書くということは想定されておらず、不適切と言わざるを得ない」と指摘した。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/bf101aaa2dcc5e6ccbb1531aa7c6f25e52d9e26d

報道によると、検案書に記載されていた誤った病名は、廣瀬さんが服用した薬から推測したものとわかっています。とんでもないことですね。

インターネット上ではこのようなコメントが出ています。

検死をまともにやっていないんですね。「事件の証拠」が遺体に刻まれていたのかもしれないのに。
死亡解剖がされたのかさえ怪しいと感じますね、これは旭川医大、旭川警察もグルになり隠蔽工作をしたと思われても仕方がないですね、、。これから本腰を入れて動くのか見ていきたいと思いますが、しかし、これは闇が深すぎます、。何かの力が働いているとしか考えられないです。
この件は本当にあり得ないと思う。
風化させると本当に悪い奴等が逃げそうなので、きちんと調べてせめて法的な範囲で責任を取らせてからじゃないと親御さんはもとより善良な人は納得できないと思います。
出典:ヤフーニュース
関連記事

2021年3月に北海道旭川市の公園で女子中学生の廣瀬爽彩さんが遺体で見つかった問題で、遺族が実名と名前を公表したことが大きな反響があります。そのいじめの内容は壮絶なものでした。一体この加害者はどのような人物なのでしょうか?調べてみました。[…]

旭川女子中学生いじめ凍死事件の爽彩さんが通っていたY中学校

【追記あり】検案書に記載された誤った病気とは?

それでは、検案書に記載された誤った病気とは一体なんだったのでしょうか。

上記の報道の通り、当時の広瀬さんが薬を服用していたこと自体は事実のようです。ただ、具体的な薬の名前までは報道されていません。

しかし、彼女はPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされていたということは文春などで報じられています。

そこから考えると、PTSDの薬自体は飲んでいたと推測されます。

PTSDの治療に使用される主な薬は以下のものとされています。

 

【抗うつ薬】
・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

・ミルタザピン

・ベンラファキシン

【不眠または悪夢の治療】
・オランザピン

・クエチアピン

・プラゾシン

出典:https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/10-心の健康問題/不安症とストレス関連障害/心的外傷後ストレス障害-(ptsd)

 

ただ、これらの薬が死因となる病気はなく、服用していた薬から病名を推測することはできていないのが実態です。

報道では検案書について「薬から病名を推測した」とされていますが、

この説明に対して、専門家で精神科医の井上智介医師は次のようなコメントをしています。

 

今回の死体検案書を記入した医師は、患者さんと初対面と想像します。

ただ、
警察官の言う通りに検案書を書くことはまずありえないことです。

とくに精神科の薬は1種類で、
統合失調症、双極性障害における躁症状、
うつ病・うつ状態などの多岐に渡る適応疾患があるので、
薬だけで病名を想定するのはほぼ不可能です。

出典:ヤフーコメント

上記の専門家の意見を踏まえると、精神疾患といっても多岐に渡るので、薬から病名を推測するということは現実的にはほぼ不可能だということです。

 

共同通信の報道でも厚労省の担当者が「警察が言ったから(そのまま)書くということは想定されておらず、不適切と言わざるを得ない」と指摘しているように、警察や医師の対応が杜撰だったといえるのではないでしょうか。

※追記情報

HTB北海道ニュースの報道によると、死亡原因欄に書かれていたのは、当時患っていなかった病名の「統合失調症」だということがわかりました。広瀬さんの死体検案書を発行した旭川医大の医師の話だといいます。

検案書については誤りに気づいた遺族側の指摘を受けて、その後、訂正されています。
担当した医師は「既往歴は個人情報のため道警から提供された情報を書くしかない」ということです。

検案書に誤った病名が書かれた原因は?

それでは、なぜ検案書に誤った病名が書かれたのでしょうか?

報道では、

 

服用していた薬から推測した誤った病名を道警が医師に伝えたとみられる。

 

とされています。

これに対してインターネット上では様々な憶測が流れています。

ただ、あくまで推測の域を出ない情報なので注意が必要です。

加害者の家族に
警察とか子供が加害者となったら
マズイ関係者でもいるんじゃない⁇
加害者家族に権力者でもいた⁇
それなら、警察さえも動かして
あった事を無かったとするのも簡単かもね
普通に考えて、学校や警察さえも動きが鈍い
何か裏にあるとしかね
警察関係者の、それもかなり幹部の子か孫が加害者に加わっている可能性が高い、と見える診断書だね。

出典:ヤフーニュース

ネットの反応

国民
この出来事は、単なるいじめでは、無い。
事件です。
旭川署は徹底的に調べるべきです。
国民
国会で問題にしない限り原因究明出来ないでしょうね。それだけの巨悪が絡んでいる事件だと思います。
国民
ここまで酷いといじめ側に権力のある関係者でもいるのかと勘ぐるレベルのもみ消しようですよね。
国民
今後の警察の動きに注目していきたい。気持ちとしては、いじめた生徒、担任、学校関係者の写真を公表して欲しい。自分の子供だったら、全員一生許さない。本人、親御さんの事を思うと心が痛む。
国民

道警は加害者とグルなのでは?

他の捜査機関が入れたらいいのに・・・

国民

旭川署も信用ならねぇでしょ。
なんか、地域柄なのかね。
まともな人は住んじゃいけない場所だわ。

出典:ヤフーニュース
関連記事

2021年3月に北海道旭川市の公園で女子中学生の廣瀬爽彩さんが遺体で見つかった問題で、遺族が実名と名前を公表したことが大きな反響があります。そのいじめの内容は壮絶なものでした。一体この加害者はどのような人物なのでしょうか?調べてみました。[…]

旭川女子中学生いじめ凍死事件の爽彩さんが通っていたY中学校