ハシモトホーム社長の名前は橋本吉徳!顔画像や自宅住所も調査!

2018年に青森県のハシモトホームに勤務していた男性社員が、パワハラによって自殺した事件がありましたが、2022年6月20日に事件が進展しました。

本社が青森県八戸市の住宅建築会社ハシモトホームで営業担当をしていたという男性社員は、上司からパワハラを受けていたことがわかっています。

実際には誹謗中傷とも取れる賞状が渡されていたそうで、パワハラや過重労働から精神障害を発症し、自殺したとみられています。

2022年6月20日に、男性の遺族が社員の適切な労務管理や安全配慮義務を怠ったとして、会社と社長に対して約8000万円の損害賠償を求めました。

そんなハシモトホーム社長の名前は橋本吉徳という情報がネット上で流出しており、顔画像や自宅住所についても気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、「ハシモトホーム社長の名前は橋本吉徳!顔画像や自宅住所も調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

ハシモトホーム社長の名前は橋本吉徳!

まず、ハシモトホーム社長の名前は橋本吉徳!という情報について詳しく調査をしていきます。

ハシモトホームのホームページを検索すると、謝罪文が記載されており、その下に代表取締役社長の記載があったため発覚しました。

内容としては、一連の報道によって社内事情が公になってしまったため、社長である、橋本吉徳氏から今後の対応について書かれています。

本文では、重く受け止め、最大限誠意ある行動を取るという事と、電話回線が逼迫したため、留守電に切り替えているとの事について触れていました。

従業員が一人亡くなり、これだけ大きな問題へと発展しているため、社長は橋本吉徳氏であることが改めて公表されました。

報道ではまだあまり、橋本吉徳社長について触れられていませんが、次の見出しでは、そんな橋本吉徳社長の顔画像について調査をしていきます。

 

ハシモトホーム社長の顔画像は?

次に、ハシモトホーム橋本吉徳社長の顔画像について、詳しく調査をしていきます。

ちなみにネット上では、ハシモトホーム社長や橋本吉徳というワードが良く検索されており、そのことに対して注目が集まっています。

では実際に、SNSなども含めてハシモトホーム社長の橋本吉徳氏の顔画像について、みていきましょう。

報道では公表されていませんが、以前ホームページに載せていた顔画像がまだネット上に残っているようです。

それを保存して転載している方が多く、顔画像の特定は簡単に出来ました。

そんな橋本吉徳氏は男性社員が自殺をした原因と言われている賞状に対して、疑問があるようです。

それは表彰の一環として渡したもので、「行き過ぎた表現だったかもしれないが、他の人にも渡していたから不調の原因とは限らない」。

とのコメントをしていることからネット上は炎上し、橋本吉徳氏に対して非難の声が相次いでいます。

次の見出しでは、ハシモトホーム社長である橋本吉徳氏の自宅住所についても調査をしていきます。

 

ハシモトホーム社長の自宅住所は?

前見出しでもあった通り、ハシモトホーム社長の橋本吉徳氏の自宅住所について詳しく見ていきましょう。

通常、このような炎上をするとほぼ間違いないと言っていいほど気になるのが、事件に関与したとされる人物の自宅住所についてです。

さてここから本題について触れていくのですが、ハシモトホーム社長という肩書を持っているため、豪華な自宅なのではないかとの想像が出来ます。

実際にあらゆる情報を使ってハシモトホーム社長、橋本吉徳氏の自宅住所に関連する事柄を検索していきました。

結果としては、橋本吉徳氏の自宅住所と断定できる情報が現在出ていないようです。

というのは、橋本吉徳氏は社長ではありますが、TVや取材といったメディア出演をしていないため、公表される機会がなかったのだと推測します。

今後事件に大きく関与したことなどが明らかになれば、自宅住所について新たな情報が入ってくるかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、「ハシモトホーム社長の名前は橋本吉徳!顔画像や自宅住所も調査!」と題して記事をまとめていきました。

その中で結果として分かったことなどを順番にしてまとめていきます。

まず、ハシモトホーム社長の名前は橋本吉徳だという情報が正しかったことが一つ目の見出しの調査で明らかになりました。

次の見出しでは、ハシモトホーム社長の顔画像は?と題して調査をしていきましたが、結果として顔画像を特定することが出来ました。

ハシモトホーム社長の自宅住所は?という件に関しては、今現在はまだ明らかになっていないとのことでした。

ですが、この事件に関してはまだ問題が解決しておらず、今後新たな情報が入ってくる可能性があります。

今後、報道などで新たに公表されることや未だ明らかになっていない疑問などが出てきた場合、また追加で記事を書いていくかもしれません。