ハシモトホームパワハラ課長の実名特定は?顔画像や家族も調査!

2022年6月20日、4年前に自殺した40代男性の遺族が、男性が生前務めていた会社に対し損害賠償を求め、青森地裁に提訴しました。

訴えられたのは、青森県内に本社がある住宅建築会社「ハシモトホーム」です。

男性はハシモトホームに7年間勤務していましたが、上司からのパワーハラスメントや、過重労働により、精神障害を発症していたそうです。

ハシモトホームは取材に対し、「パワハラがあった」と認めています。

この件に関して、特に男性が亡くなる直前に男性に渡した「賞状」には、「症状」と大きく書かれ、酷い言葉や内容が書かれており、物議を醸しています。

男性にこのような酷い仕打ちをしたパワハラ課長は一体誰なのでしょうか。

また顔画像は特定されているのでしょうか。

課長の家族の事も気になります。

そこで「ハシモトホームパワハラ課長の実名特定は?顔画像や家族も調査!」と題して、記事をまとめていきます。

 

ハシモトホームパワハラ課長の実名特定は?

ハシモトホームパワハラ課長の実名は特定されているのでしょうか。

ニュースによると、男性が亡くなったのは2018年、男性はハシモトホームの青森店で勤務していたそうです。

この情報から、2018年に青森店で課長だった人物を調べてみました。

調べたところ、とあるハシモトホームの男性社員のツイッターが、報道前後で削除されていることが分かりました。

その方の名前も特定がありましたが、その方は弘前店で勤務されている方らしく、今回の青森店の課長ではないことがわかっています。

他にもネットやSNSで探しましたが、特定には至りませんでした。

 

ハシモトホームパワハラ課長の顔画像は?

では、ハシモトホームパワハラ課長の顔画像は特定されているのでしょうか。

顔画像に関して調べましたが、こちらも実名同様、特定されてはいませんでした。

というのも、現在ハシモトホームのホームページやSNS等が、閉鎖または削除されており、確認することができない状態になっています。

これに関して、SNS上では「逃げているだけ」「反省の色が見えない」等の声も上がっています。

現在会見等も開かれておらず、今後のハシモトホームの会社としての動向も気になるところです。

 

ハシモトホームパワハラ課長の家族は?

ハシモトホームパワハラ課長の家族はいるのでしょうか。

調べましたが、こちらも特定には至りませんでした。

しかし、課長職ですので勤続経歴があり年齢も若いわけではないと思いますので、家族がいてもおかしくはないと思います。

そして、青森県内で暮らしてる可能性が高いです。

人や子供にものを教える立場の人間がこんなことをしているのでは、どうしようもないですし、ましてや男性が亡くなっているわけなので、それだけでは済まされないと思います。

行いを認め、しっかり償っていただきたいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「ハシモトホームパワハラ課長の実名特定は?顔画像や家族も調査!」と題して、記事をまとめてみました。

2022年6月20日、4年前に自殺した40代男性の遺族が、男性が生前務めていた会社に対し損害賠償を求め、青森地裁に提訴しました。

訴えられたのは、青森県内に本社がある住宅建築会社「ハシモトホーム」です。

男性はハシモトホームに7年間勤務していましたが、上司からのパワーハラスメントや、過重労働により、精神障害を発症していたそうです。

ハシモトホームパワハラ課長の実名は特定されているのでしょうか。

調べたところ、とあるハシモトホームの男性社員のツイッターが、報道前後で削除されていることが分かりました。

その方の名前も特定がありましたが、その方は弘前店で勤務されている方らしく、今回の青森店の課長ではないことがわかっています。

ハシモトホームパワハラ課長の顔画像は特定されているのでしょうか。

顔画像に関して調べましたが、こちらも実名同様、特定されてはいませんでした。

ハシモトホームパワハラ課長の家族はいるのでしょうか。

調べましたが、こちらも特定には至りませんでした。

しかし、課長職ですので勤続経歴があり年齢も若いわけではないと思いますので、家族がいてもおかしくはないと思います。