盛岡市のハードクレーマーは誰?名前(実名)+顔画像特定は?盛岡市から生活保護費だまし取る

2021年9月27日、盛岡市から生活保護費の住宅扶助計約1440万円をだまし取った青森県八戸市の夫婦の初公判が行われ、世間の注目を集めています。

両被告は高齢の家族を同居させて、盛岡市に対して強引に保護の継続を迫っていたこともわかり、「ハードクレーマー」だったことが明らかになっています。

一体この夫婦は何者なのでしょうか?

盛岡市から生活保護費1440万円だまし取る

読売新聞は以下のように報じています。

報道によると…

約2年8か月にわたりホテルに宿泊しながら、盛岡市から生活保護費の住宅扶助計約1440万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた無職男(53)(青森県八戸市)と妻(47)(同)の初公判(加藤亮裁判長)が27日、盛岡地裁であった。法廷では、両被告が高齢の家族を同居させ、市に対し、強引に保護の継続を迫っていた経緯が明らかにされた。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/705257ff989016d1869ee07fb2932ae51921ea50?page=2

報道によると、夫婦は2018年8月~2021年3月、青森県八戸市のホテルに宿泊しながら、実際に支払った金額より水増しした領収書を盛岡市に提出していました。

 

夫婦は盛岡市内で被告の90歳代の父親と3人で同居していましたが、2014年10月に家賃滞納で立ち退きを命じられ、同市に生活保護を申請しました。

 

一家が住居を確保するまで、盛岡市は一時的にホテル代を住宅扶助として支給することを認めたのです。3人家族に対する1か月の住宅扶助の支給上限額を4万円と定められていますが、男らが受給した額は1か月あたり約45万円にのぼりました。

 

また、男は担当者をどなりつけるなど、市職員の間では「ハードクレーマー」として有名だったといいます。「一定額までしか給付できない」との市の説明にも「全額でなければ困る」などと執拗(しつよう)に主張したというのです。

 

ネットの反応

国民
公務員はハードクレーマーに対抗する術がない。そのため担当者は異動までに事が大きくならないことだけを考え、問題を先送りする。その間に問題はさらに大きくなり、取り返しがつかない状況になる。
国民
今回失った税金も戻ることはない。
国民

うわー!生活保護の審査は厳格にしてこういう人間来たら警察をすぐ呼ぶようにして欲しいです。納税者に厳しい日本!生活保護者にも厳しく対処して欲しいです!

国民
こんなのに1千万以上もの住居費を補填してやる自治体の事なかれ主義が異常。
国民

クレーマーなら上限を超えて生活保護費を受け取れるとのふざけた論理がまかり通るようなら、もうこの国の福祉行政は適当を通り越して無法状態。

国民

これは被告が悪いのは勿論だが、盛岡市の担当者の責任が大きい。

出典:ヤフーニュース

盛岡市のハードクレーマーは誰?名前(実名)+顔画像特定は?盛岡市から生活保護費だまし取る

上記の報道にあったハードクレーマーの夫婦は一体誰なのでしょうか?

読売新聞の報道では実名報道がされていませんでしたが、調べたところIAT岩手朝日テレビでは実名で報道されていました。

 

詐欺の罪に問われているのはともに住所不定・無職の糸田仁被告と妻の奈津子被告です。
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/a1c94f91484b9fc0657dfbb700d2afd4c33e9301

上記のように、読売新聞で報道されたのは糸田仁被告と妻の糸田奈津子被告になります。

読売新聞で指摘された「ハードクレーマー」は男ということなので、夫の糸田仁被告のようです。

 

ただ、現在のところ顔画像や素性については報道されていません。

今後詳しい情報が入りましたら掲載します。

糸田仁と糸田奈津子被告について情報をお持ちの方は問い合わせフォームからお願いします。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref