原田竜平の経歴は?東京CPAに在籍していて準会員?

2021年12月2日、東京都内で公認会計士の男が逮捕されました。

原田竜平は一体どのような経歴を歩んできたのかが気になりますね。

原田竜平について調べてみると、「東京CPA」という検索ワードが出てきて、「準会員」という検索ワードもヒットします。

これらは一体どういうことでしょうか?

そこで、今回は「原田竜平の経歴は?東京CPAに在籍していて準会員?」と題して記事をまとめていきます。

 

原田竜平の経歴は?

今回逮捕された原田竜平容疑者ですが、どのような経歴の持ち主なのでしょうか?

公認会計士になれるほどの人物なので、優秀な経歴だったのだと推測されます。

原田容疑者の経歴や学歴について調べてみると、ある有名大学に在籍していた同姓同名の人物がヒットしました。

公認会計士合格者へのインタビューで、同姓同名の人物がいました。

そこに書かれていた大学名については、公認会計士はもちろん、財界や法曹界などどのような分野でも有名人がいる大学です。

インタビューされた時期を考えると、年齢的には近いです。

しかし、本人であるとは限らないのでこちらでは控えさせていただきます。

 

余罪で逮捕歴があり?

今回逮捕された原田竜平容疑者ですが、経歴を調べると余罪もあったようです。

11月27日にも今回逮捕された事件のと同様に女性に膝蹴りを浴びせるという通り魔事件を起こしていました。

その時も原田容疑者は「酒に酔っていて覚えていない」と供述しているようですが、その時の被害者も女性です。

このことから、原田容疑者は女性を標的にする「フェミサイド」的な意図があるように感じます。

 

東京CPAに在籍していた?

原田竜平と検索すると、「東京CPA」というワードがヒットします。

これはどういうことでしょうか。CPAというのは、公認会計士試験への短期合格を目指す予備校です。

公認会計士試験は平均合格率が約10%ですが、CPAは35%の合格率となっていて、大手予備校と同程度の合格者数を輩出しています。

CPAの合格率は他のスクールにはない高さがあるといい、公認会計士を目指す学生たちには人気のようです。

また、教科書も他の予備校に比べて網羅性に富んでいることもポイントです。

 

難関国家資格の公認会計士試験を合格させるノウハウは業界屈指です。2021年度は、510名もの合格者をCPAから輩出しています。

原田竜平容疑者は東京都内に住んでいるので、もし公認会計士の試験に向けて予備校に通っていたとしたら、東京都内のCPAに通っていたということは十分考えられますね。

ただ、上記でまとめた原田竜平容疑者と同姓同名の人物が掲載されているサイトというのは、東京都内のCPAではありません。

 

原田竜平は準会員?

原田竜平と検索すると、「準会員」というワードがヒットします。

こちらに関しては、原田竜平容疑者はまだ正式な公認会計士ではなく、「準会員」という立場なのではないかと指摘されているようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「原田竜平の経歴は?東京CPAに在籍していて準会員?」と題して記事をまとめました。

2021年12月2日、女性へラリアットをしたとして暴行事件で逮捕されたのが、東京都内の公認会計士である原田竜平容疑者です。

公認会計士である原田竜平容疑者の経歴については注目が集まっており、検索すると「東京CPA」という検索ワードが出てきました。

また、「準会員」という検索ワードもヒットしたため、これらの理由についてまとめました。

公認会計士という優秀な経歴を持っていれば高収入も見込めるであろうと思いますが、今回の事件で原田竜平容疑者は自分の首を絞めることになりましたね。