反ワクチン訴訟:原告誰で名前は?弁護士は木原功仁哉|ノーマスク集団でカオス

2021年10月12日、東京地裁でワクチン特例承認差し止めをめぐる訴訟(反ワクチン訴訟)の

第一回口頭弁論が開かれ注目が集まっています。

庁舎内には反ワクチン派の関係者数百人がノーマスクで裁判所に集団で押し寄せ、現場は混乱したといいます。

今回の反ワクチン訴訟の原告や原告側の弁護士は誰なのでしょうか?

報道の概要

産経新聞は以下のように報じています。

新型コロナウイルスのワクチン特例承認差し止めをめぐる訴訟の第1回口頭弁論が12日、東京地裁で開かれ、庁舎内に関係者とみられる数百人がマスクを着用せずに集団で入った。職員らは感染予防のため対応に追われ、混乱した。

午後1時半の開廷に合わせ、裁判所の建物に入るための手荷物検査には長い行列ができた。1階のロビーや弁論が開かれた法廷のある7階のフロアも、マスクをしない人であふれかえった。

出典:https://www.sankei.com/article/20211012-3I2MUY4H3JPDVPW2YO4ZSZCXW4/

 

ネットの反応

国民

今日の午後に東京地裁がざわついてたやつか

国民
反ワクチン訴訟ってちょっと理解できないわ。打ちたくなければ打たなければいい。それで終わりじゃん。
国民
感染対策禁止!PCR検査禁止!指定感染症取り消し!ってマジですか? 感染対策すれば十分だからワクチン要らないだろう?じゃないんですね。
国民

反ワクチン訴訟、カオスみたいですね。 ノーマスク集団数百人が東京地裁に大集合。 平日の昼間ですよ。

国民

反ワクチン訴訟ってなんやねん…暴れたいだけに見えてしまう。掲げている名前が「反ワクチン」の時点であかんやろ…

国民

反ワクチン訴訟なんてものが通るんならノーマスクで感染させられた場合に未必の故意を取って傷害で立件するというのも通って然るべきでは?

出典:ヤフーニュース

反ワクチン訴訟:原告は誰で名前は?

今回話題となった、「反ワクチン訴訟」をした原告は一体誰でしょうか?

原告について調べたところ、以下のツイートを確認できました。

 

上記のツイートの通り、原告団は元名誉教授や市議会議員、医師などの人間のようです。

 

反ワクチン訴訟:原告の弁護士は木原功仁哉

続いて、原告側の弁護士は誰なのでしょうか?

調べたところ、以下のツイートが確認できました。

上記の通り、弁護士は南出喜久治氏と木原功仁哉(くにや)氏が務めています。

また、木原弁護士が今回の訴訟で主任弁護士を務めています。

 

 

木原功仁哉弁護士が退廷を命じられる

反ワクチン訴訟で主任弁護士を務める木原弁護士が、第一回口頭弁論で、裁判官から退廷を命じられたということもわかりました。

こちらの動画で、退廷を命じられた理由について本人が語っています。

本人によると、意見陳述の場で選挙に関する意見陳述をしたところ、訴訟と関係のないことだと裁判長に言われたといいます。

それにも関わらず木原弁護士が選挙について話したため、退廷命令が出されたといいます。

木原弁護士はなぜ選挙について述べたのかというと、本人は「ワクチンは政治選挙の問題だから意見陳述すべきだった」と主張しています。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref