飯能市走り屋の会社員男は誰?名前や会社名は?

2021年12月9日にさいたま地裁で開かれた事件の初公判が注目を集めています。

埼玉県飯能市で、走り屋の男が2018年10月に制限速度を89キロ超える約129キロで乗用車を運転して事故を起こし、3人を死傷させた裁判です。

一体、事故を起こした走り屋の会社員の男とは誰なのでしょうか?

名前や会社名は公開されているのでしょうか?

そこで、「飯能市走り屋の会社員男は誰?名前や会社名は?」と題して記事にまとめていきます。

 

飯能市走り屋の会社員男は誰?

今回報じられた、飯能市で走り屋と言われている34歳の会社員男とは一体何者なのでしょうか?

この男は2018年10月19日に死亡事故を起こしています。

現場は高速度走行が趣味の走り屋が集まる場所で、車の性能や運転技術を競い合う山間道路で男も頻繁に走り、タイヤなども速さに適したものに交換していたと説明していました。

ただ、この男は過去に速度超過で2度の免許停止になり、事故半年前にも現場道路付近で83キロの速度超過で検挙されたていましたが、「高速度運転をやめなかった」と常習性を指摘されています。

走り屋の男は過去に2度も免停処分を受けていながらも、危険な高速走行を止めなかったのです。

また、この男は車両改造も行っており、スピードリミッターを解除していたようです。

事故現場である国道299号を走る集団は「ローリング族」とも呼ばれていますが、この男は地元では走り屋として一目置かれた存在であると報道されています。

 

飯能市走り屋の名前や会社名は?

今回報じられた内容では名前が公開されていませんでした。

そこで、該当する事故について調べてみましたが、当時報じられたニュース記事が見当たりませんでした。

ただ、事故が発生した当時の埼玉県警のホームページに、2018年10月19日に普通乗用車と軽貨物が衝突するという死亡事故に関する情報が出ていました。

ただ、埼玉県警のホームページでも実名に関しては公開されておらず、爆サイや5ch(2ch)を調べても、この事件に関するスレッドは当時の時点でも存在していませんでした。

また、走り屋の男は重大な事故を起こしていながら、警察は逮捕ではなく「書類送検」をしています。

一般的に書類送検の多くのケースでは、被疑者の名前(実名)や顔画像が公表されることはほぼありません。

そのため、今後の報道でも被告の素性が明らかにされる可能性は低いと考えられます。

 

飯能市走り屋の名前は鈴木雄弥

飯能市の走り屋の名前は、鈴木雄弥であることが新たにわかりました。

2021年12月22日にさいたま地裁で開かれた裁判員裁判に関する報道がされ、被告が鈴木雄弥でした。

事件概要が合致するため、同一人物であるということになります。

鈴木雄弥についてはこちらの記事もご確認ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2021年12月9日にさいたま地裁で開かれた事件の初公判に関して、で、「飯能市走り屋の会社員男は誰?名前や会社名は?」と題して記事にまとめてきました。

埼玉県飯能市で、走り屋の男が2018年10月に制限速度を89キロ超える約129キロで乗用車を運転して事故を起こし、3人を死傷させた裁判です。

事故を起こした走り屋の会社員の男とは誰なのか、名前や会社名について調べてみましたが、今のところこの男に関して、詳しい情報は出回っていません。

ただ、今後週刊誌等で詳しい情報が報じられる可能性があります。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。