白鵬「7月場所に懸ける」と5場所休場を規定路線化 相撲ファン「横審に特別待遇されている」

3月場所は右ひざのけがで途中休場

報道によると…

29日に開催された横綱審議委員会。論点は当然、5場所連続休場中の横綱白鵬(36)だ。3月場所は2日間出場したのみで、右ヒザのケガを訴え途中休場。「7月場所に懸ける」と手術を受け、次の5月場所を休むことを勝手に既定路線にしてしまった。
昨年11月場所後には3月場所中に引退した鶴竜(現親方)とともに、「引退勧告」に次いで重い「注意」の決議を受けたばかりだ。勝手極まる言動にさしもの横審も堪忍袋の緒が――と言いたいところだが、全会一致で「注意の決議継続」という結論に至ったのだから呆れるほかない。

出典:日刊ゲンダイ https://news.yahoo.co.jp/articles/2ffd0e2f0e0af65e1ca332d9c8573970b801bb50

白鵬に対する国民の声

国民の声横審なんて、何の役にも立たないのよ。ここまで力士の言いなり放題をゆるすなら、横審なんて要らない。こうなったら、日本の力士全員で白鵬包囲網をしいて、7月場所にクチャクチャにしてやって欲しいが、そりもなかなか難しいよな。

国民の声:この様なやり方がまかり通るなら、横審などは必要ありません。国技に対する考え方が全く違いますね、自分のための延命ならすぐさま考え方を変えるべきです。もう、こんな大相撲なら見たくありません、純粋に毎場所取り組んでいる大勢の力士に対して顔向けが出ないでしょう。

国民の声鶴竜は引退して、白鵬は5月場所休場。同じ横綱で扱いが違う。白鵬だけ特別待遇されているような気がします。

国民の声:八角理事長も情けないがそれ以上に横審も口ではもっともなことを言ってるようだが、蓋を開けてみたら尻すぼみになってる、白鵬の思うがままに事が進んでいる、50億の赤字も何のその働かない横綱をかばっているようでは白鳳に舐められるばかり。

国民の声:相撲は国技だろう、しかも皆さん、相撲協会は殆ど税金を払っていません、こんな白鵬の勝手ワガママを認めるなら、相撲協会の国技に反対してもいいとの声が出てくるのを待ってます、白鵬もいい加減にしろ、との声も大きくなりますように!

国民の声結局、白鵬の代わりの横綱が出ない限り、こんな状態が続くんだろ。白鵬辞めたら横綱不在だからな。できるだけそれを避けたかったんだろ。大関以下もどんぐり状態で決め手がないし。

出典:ヤフーニュース

Twitterの反応

編集部より一言

様式美や格式も大事だろうが、ここまで好き勝手な状況をとられておいて、何も制度を改正もしようとしない相撲協会に呆れる。横綱も降格ありにするか、何場所中何勝以上できていなければ、自動的に引退もしくは降格とか、誰から見てもはっきりわかる基準を設けるべき。こんなんだから、相撲離れが止まらないんだと思う。

白鵬
話題のニュースの最新情報をチェック!