古山瑠花の自宅マンションはフェニックス中板橋?間取りや家賃を調査!

2022年1月9日午後3時5分ごろ、大学2年生、古山瑠花(るか)さん(20)が東京都板橋区大谷口上町のマンション一室の浴室内で倒れているのを両親が見つけ、110番通報するという事件がありました。

警察官が駆け付けた時には古山さんはすでに死亡していました。

その後の調査で、古山さんの顔や腕などにはあざがあったことがわかっています。

一体、亡くなった古山瑠花さんが住んでいた自宅マンションはどこなのでしょうか?

間取りや家賃が気になります。

そこで、「古山瑠花の自宅マンションはどこ?間取りや家賃を徹底調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

古山瑠花の自宅マンションはどこ?

古山瑠花さんが住んでいた自宅マンションはどこなのでしょうか?

古山さんは1人暮らしをしていたといいます。

東京・板橋区のマンションの浴室で、死亡しているのが見つかりました。

家族が1月6日日午後10時ごろに携帯電話のアプリでやりとした後、連絡が取れなくなっていました。

心配に思った両親が合鍵で室内に入ったところ、荒らされたような形跡はなかったということです。

 

古山瑠花の自宅マンションはフェニックス中板橋?

それでは、古山瑠花さんは何というマンションに住んでいたのでしょうか?

古山瑠花さんが死亡していたマンションについて調査したところ、ANNニュースで玄関の画像や外観が報道されました。

画像などから調査を進めた結果、東京都板橋区大谷口上町7にある高層マンション「フェニックス中板橋」だということがわかりました。

 

古山瑠花の自宅マンションの間取りや家賃を徹底調査!

古山瑠花さんが住んでいたマンションである「フェニックス中板橋」について調べてみました。

このマンションは築13年で地下11階建ての建物です。

マンションの賃貸サイトを見てみると、家賃は1Kで7~9万円の相場です。

古山瑠花さんは大学生ですが、大学生が1人で住むには比較的良いマンションだと考えられます。

 

オートロックと防犯カメラも完備

古山瑠花(るか)さんが住んでいたマンションである「フェニックス中板橋」はオートロックで、防犯カメラもついていることから、セキュリティがしっかりとしているという印象です。

古山さんは女子学生なので、ご両親と一緒にセキュリティの整ったマンションを選んだのではないでしょうか。

 

マンションは人通りの多い大通りに立地

また、地図からわかるように、古山さんが住んでいたマンションは国道254号線に面しています。

そのため、人通りも多く、もし古山さんが亡くなったのは事件だとしたら侵入者が古山るかさんを襲撃するのは極めて困難だったのではないかと推測されます。

古山瑠花さんのご両親が、女子大学生である愛娘の安心を願ってこのマンションを選んだということは容易に想像できます。

現在は古山瑠花さんが亡くなったのは事件と事故両面で捜査が進められており、慎重に調査が進められていくでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「古山瑠花の自宅マンションはどこ?間取りや家賃を徹底調査!」と題して、板橋区のマンションで亡くなった大学生の古山瑠花が住んでいたマンションについて記事をまとめてきました。

2022年1月9日午後3時5分ごろ、大学2年生、古山瑠花(るか)さん(20)が東京都板橋区大谷口上町のマンション一室の浴室内で倒れているのを両親が見つけ、110番通報するという事件がありました。

亡くなった古山瑠花さんが住んでいた自宅マンションはどこなのか調べたところ、「フェニックス中板橋」だということがわかりました。

間取りや家賃についても調べてみると、家賃は1Kで7~9万円の相場です。

オートロックで、防犯カメラもついていることから、セキュリティがしっかりとしているマンションであることもわかりました。

 

>>古山瑠花さんの顔画像や通っている大学についてはこちらをご確認ください。