藤田菜々子騎手病気はコロナ?スキャンダルが影響?

JRAに所属する女性騎手の藤田菜々子さんが7月16日17日の騎乗を病気のため取りやめることを発表しました。

藤田騎手は2日で7レースに出馬する予定でしたが、それぞれ騎手が変更になりレースが行われます。

藤田騎手は1997年8月9日生まれの現在24歳。

2016年に16年ぶりのJRA史上7人目の女性騎手となりました。

藤田騎手は病気と公表されていますが、新型コロナに感染してしまったのでしょうか。

先日は文春からスキャンダルが公表されましたが、関係はあるのでしょうか。

今回は「藤田菜々子騎手病気はコロナ?スキャンダルが影響?」と題してまとめていきます。

 

藤田菜々子騎手病気はコロナ?

藤田騎手が休養する理由は、病気としか公表されていません。

JRAは騎手がコロナ陽性になった場合でも非公表になっています。

騎手の中に陽性者が出た時に、競馬の開催自体が危ぶまれることから公表しないのでしょう。

しかし、騎乗取りやめと騎手変更は2日分しか公表されていません。

今後追って公表される可能性はありますが、コロナならば10日間は療養期間を設ける決まりがありますので、今回はコロナと断定することはできません。

 

藤田菜々子騎手病気はスキャンダルが影響?

藤田騎手の休養を知った人たちからは、先日の文春砲の影響で精神的に参っているのではないか、という声が上がっています。

文春では藤田騎手が滋賀県の栗東トレーニングセンターへ武者修行に言っているときに、そこのスタッフと親密な関係になったとされています。

栗東へ藤田騎手が行ったのはスランプであったためとしていますが、その期間に異性と親密な関係になったことに、何のために行ったのかと疑問の声も上がっていたようです。

その記事が公表されてすぐの今回の休養なので、訝しげに思う人もいるようですね。

しかし、藤田騎手の休養は病気であるとしか公表はないため、真実かどうかは定かではありません。

藤田騎手の今後の動向に注目が集まることでしょう。

 

まとめ

今回は「藤田菜々子騎手病気はコロナ?スキャンダルの疲労が影響?」と題して、記事にまとめてきました。

JRAに所属する女性騎手の藤田菜々子さんが7月16日17日の7レースの騎乗を病気のため取りやめることを発表しました。

休養する理由が何の病気なのかは現在のところ公表されていません。

時期的にコロナに感染したのではないかという声も上がっていますが、休養は2日分しか公表されておらず、不明です。

先日には文春砲でスキャンダルが公表されており、その影響で体調を崩したのではないかという声も上がっていますが、真偽のほどは不明です。

なんにせよ、休養をして元気に復帰してくださることを願います。