デニス・キレーエフの顔画像は?スパイとしてウクライナの交渉に参加?

2022年2月末にロシア側と交渉を行ったウクライナ代表団に参加したデニス・キレーエフ氏(デニスキレーエフ)がスパイ容疑で逮捕され処刑されたと外信が報じました。

ロシア国営タス通信によると、5日、キレーエフ氏が「特別任務」を遂行していて死亡したと報道しました。ウクライナ国防情報局が「デニス・キレーエフ、オレクシイ・イワノビッチ、ワレリー・ビクトロビッチの3人が死亡した。彼らは国を守って亡くなった」と発表したことで明らかになりました。

ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、国際情勢が混沌とする中、ロシア人スパイの死亡には衝撃が広がっています。

このロシア人スパイはウクライナとの交渉を行う重要な代表団に潜入し、スパイ活動を行っていたと見られています。

そんなスパイ容疑をかけられたデニス・キレーエフ氏(デニスキレーエフ)の顔画像が気になります。

また、ウクライナとの交渉に参加していたということで、どのようなスパイ行為を行ったのでしょうか。

そこでこの記事では「デニス・キレーエフの顔画像は?スパイとしてウクライナの交渉に参加?」と題して、まとめてみました。

 

デニス・キレーエフの顔画像は?

キレーエフ氏について、ロシア国営タス通信が次のように報じています。

キレーエフ氏が「特別任務」を遂行していて死亡しました。

さらに「デニス・キレーエフ、オレクシイ・イワノビッチ、ワレリー・ビクトロビッチの3人が死亡した。彼らは国を守って亡くなった」と伝えられています。

キレーエフ氏はウクライナ代表団とともにロシアとの1回目の交渉に参加していた人物ということで、どんな人物なのか顔画像を調査しました。

デニス・キレーエフはロシアとウクライナの1回目の停戦協議に参加しており、その際に報道ですでに姿が公開されていました。

そして、その時のデニス・キレーエフだけを切り取った画像が、中央日報をはじめ複数メディアで公表されています。

1回目の停戦協議の様子は、日本のテレビやネットニュース、新聞で大々的に報道されていますので、簡単に姿を確認することができます。

また、停戦協議の様子は全世界のメディアが報じていたので、そこまで公に自分の姿をさらすことができるのは、よほどのスパイ活動への自信があったことが窺えます。

ロシアのウクライナ侵攻から1週間が経ちますが、依然として事態の収束は図れていません。

こうしたスパイの死亡からもわかる通り、双方はあらゆる手段を講じて情報戦を仕掛けています。

事態が深刻化し、ウクライナ人の死亡者数がこれ以上増えないよう、一刻も早い停戦が待たれます。

 

デニス・キレーエフがスパイとしてウクライナの交渉に参加?

キレーエフ氏は先月28日にウクライナ代表団とともにロシアとの1回目の交渉に参加した人物です。

報道に先立ちウクライナのオレクサンドル・ドゥビンスキー議員はテレグラムで、「キレーエフ氏が反逆容疑でウクライナ保安要員により逮捕され銃殺された」と投稿していました。

同議員はキレーエフ氏がどんな方法で侵略国との交渉テーブルに代表として入ることができたのか、真相究明を要求しています。

キレーエフ氏は、2010~2014年にウクライナ国営貯蓄銀行の理事会副議長を務め、2006~2012年には国立輸出入銀行の監督理事会委員を務めていました。

ウクライナメディアのウクライナ・プラウダによると、ウクライナ当局はキレーエフ氏の反逆行為の証拠となる通話内容と資料などを確保しています。

ロシアはウクライナに対し、様々な工作を繰り広げており、このスパイ活動はその一端に過ぎません。

もしかすると、ウクライナの中にはロシア人スパイがまだまだ潜入している可能性があるので、今後もスパイに関する情報が報道されるかもしれません。

 

まとめ

この記事では「デニス・キレーエフの顔画像は?スパイとしてウクライナの交渉に参加?」と題して、デニスキレーエフ氏について今現在わかっていることなどを詳しくまとめました。

デニス・キレーエフ氏は「特別任務」として、ウクライナにスパイとして潜り込み、ロシアとウクライナの交渉に参加していたことが明らかになっています。

そして、そのことをウクライナの諜報機関が確認し、射殺されたということです。

すでにこの人物の顔画像は報道で公開されており、中央日報をはじめ複数のメディアでデニス・キレーエフ氏(デニスキレーエフ)を切り取った顔画像が出回っています。

また、ウクライナのオレクサンドル・ドゥビンスキー議員は、「キレーエフ氏が反逆容疑でウクライナ保安要員により逮捕され銃殺された」とテレグラムに投稿しています。

キレーエフ氏がどんな方法で交渉テーブルに代表として参加することができたのか、情報が分かり次第追記します。